来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 中信教育事務所 > 「平成27年度学力向上フォーラムながの」が開催されました

「平成27年度学力向上フォーラムながの」が開催されました

写真CIMG3843

2016年1月12日(火)に、キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)中ホールにて、「平成27年度学力向上フォーラムながの」が開催され、県内の教員や市町村教育委員会職員ら380人余りの方が参加されました。

内容は、お茶の水女子大学耳塚寛明教授の講演と、松本市立菅野中学校、飯田市立鼎中学校、上田市教育委員会の実践発表、国立教育政策研究所の千々布敏弥統括研究官、大町市教育委員会荒井今朝一教育長、中野市立中野小学校堀内敏明校長、長野県教育委員会菅沼尚教育次長の4名と、コーディネーターに伊那市立伊那中学校武田育夫校長をお迎えして、パネルディスカッションが行われました。

“もっと伸びたい”“もっと力をつけたい”と願っている子どもたちに、私たちはどのように応えていくかをそれぞれの立場で考え合い、長野県の学力向上の気運が高まる会となりました。

 

このブログのトップへ