楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■アレ☆これ☆信州 > Vol119■とく☆とく信州 上野大根

Vol119■とく☆とく信州 上野大根

信州の伝統野菜~上野大根(諏訪市)~

長野県のほぼ中央に位置する諏訪市。
今回は、信州各地に昔から伝わる「信州地大根」の一つで、諏訪市の西部「豊田上野地区」に伝わる「上野大根」をご紹介しましょう。

「上野大根」は、江戸時代初期の寛永年間(1635年頃)、諏訪高島藩による開拓が行われた当時から栽培されていると言われています。今から300年ほど前の元禄時代には、高島藩のお殿様にも献上されていたそうですよ。


このように古い歴史をもつ上野大根ですが、長い時間を経る中で他の大根と交雑するなどして、形の崩れや大きさのバラツキ、採種量の減少などさまざまな問題を抱えるようになりました。
伝統的な上野大根を取り戻そう!と、地元の生産者、農協、大学、行政などが一体となって「種子づくり」に取り組むこと7年、ようやく平成7年に採種の体制も整い、“これぞ上野大根”という大根の栽培が復活したのです。
平成12年には、「諏訪湖姫」というかわいい名前で品種登録もされたんですよ。

この大根の特徴は、なんといってもその「固さ」と「辛み」。生ではとても辛いのですが、おひさまに干せば干すほど甘みが増し、歯ごたえもよいので、漬物には最適。
11月中旬になると、収穫された大根を天日干しする「大根すだれ」を上野地区のあちらこちらで目にすることができます。太陽の光をいっぱい浴びた大根は、翌年3月までじっくり漬け込まれ、おいしい「たくあん漬け」となるのです。

大根もたくあん漬けも生産量には限りがありますが、JA信州諏訪すわこ営農センターなどで購入することもできます。毎年県内外からたくさん予約注文があるそうですよ。皆さんも、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょう。

☆上野大根について詳しくはこちらをどうぞ
 諏訪市役所(パソコン用)
「信州の伝統野菜」について詳しくはこちら
 長野県園芸畜産課(パソコン用)

【お問合せ先】
長野県農政部園芸畜産課
TEL:026-235-7228
E-mail:enchiku@pref.nagano.lg.jp 

☆関連ブログ紹介「諏訪 上野大根」
YAHOO!ブログはコチラ≫(パソコン用)
Googleブログはコチラ≫(パソコン用)

1 2

このブログのトップへ