楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■エリアで捜す > Vol75■極楽、極楽~♪ 信州は温泉天国

Vol75■極楽、極楽~♪ 信州は温泉天国

寒いときほど、行きたくなる温泉
信州は国内屈指の温泉天国だってご存知でしたか?

温泉地の数は、なんと236ヶ所。北海道に次いで全国第2位なんですよ(ちなみに北海道は247ヶ所と僅差)。それと、温泉のある宿泊施設は1346ヶ所で、こちらも国内2位。(ちなみに第1位は静岡県の2411ヶ所)


泉質だってスゴイですよ。掲示用泉質名で温泉は11種類(単純温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、含アルミニウム泉、含銅-鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)に分類されるのですが、すべての泉質が楽しめるのは全国広しといえども信州だけなんです!!

温泉の数、質と揃った信州なら、あなたが行きたくなる温泉がきっとあるはず。温泉大好きなみなさんにとっておきの温泉を教えちゃいましょう。

◆歴史を感じるような風情あふれる温泉地に行きたい!
開湯から1300年、奈良時代の昔に行脚僧・行基によって発見された渋温泉はいかがでしょう。どこかレトロな温泉街には石畳が敷かれ、カラコロと響く下駄の音が温泉情緒をかきたてます。
そして、温泉街の旅館に宿泊すると、満願成就の手ぬぐいを持っての9湯巡りも体験できます。ぜひお試しあれ。


佐久間象山や小林一茶、北斎など数々の文人墨客も愛された渋温泉。
熱めの湯がじんわりと身体に効いていきます

渋温泉についてはコチラ≫(パソコン用)

◆雲上の温泉もあります
八ヶ岳にある【本沢(ほんざわ)温泉・雲上の湯(南牧村)】は標高2150mにある日本最高所をマークする野天風呂。歩いて登った人しか入れない秘湯。夏期で1時間、冬期は4時間くらいかかります。今の時期は、冬山の完全装備でどうぞ。
ほかにも、志賀高原の蓮池からロープウェイに乗り、到着したところにある雲上温泉【発哺(ほっぽ)温泉(山ノ内町)】。噴き出す蒸気がホッポホッポと音がすることからその名がついたといわれているんですよ。
本沢温泉・雲上の湯はコチラ≫(パソコン用)
発哺温泉はコチラ(パソコン用)

◆変わり種の温泉は?


温泉を煮詰めて塩を精製しています。
「山塩」と名付けられ、羊羹や最中など加工品にも利用。村の名物になっています

「日本で最も美しい村連盟」に加盟する大鹿村の山あい。
そこには海水と同じ濃度の温泉が楽しめる【鹿塩(かしお)温泉】があります。
ぺろりとなめると確かにしょっぱい!!でも湯の感触は意外とさっぱりしてます。
大鹿村の豊かな自然と共に温泉を満喫してくださいね。


鹿塩温泉についてはコチラ≫(パソコン用)

1 2 3

このブログのトップへ