楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.203>I♥信州(あいラブしんしゅう)

I♥信州(あいラブしんしゅう)
“豊かな自然環境の中で見つける「自分らしい生き方の答え」”(1)

茅野市に移住された岡野さん

第5回目のI♥信州は、2004年に神奈川県横浜市より茅野市蓼科高原に移住された、岡野勇二さんにお話をお聞きしました。

岡野さんは現在、自身の工房を開設し「自然を五感で受け止め、楽しみながら学ぶ環境教育」を目指し活動されています。
また、2012年4月より地域資源の保全・活用と地域活動団体との連携による地域活性化を目標とする「茅野エコツーリズム協議会」の事務局長としてもご活躍されています。

岡野さんのご自宅は茅野市から蓼科高原へ向かう国道152号線、通称大門街道沿線の別荘地に位置しています。
インタビュー時は快晴で車山高原の爽やかな風と色づき始めた紅葉がとても美しくひんやりとした空気で体が浄化されるようでした。

私達取材スタッフを笑顔で出迎えてくださった岡野さん。
お庭で「この郵便ポストは毎年野鳥が子育てをしていましてね…」「ほら、ここにキノコ!」「ここで落ち葉を焚いて焼き芋かな!」「椎茸栽培の原木は…」とにこやかにお話し下さいました。


<子どもの頃の原体験と森の学びが新たな生き方を気付かせてくれた>
岡野さんは、30数年間の会社員生活の中で、企業人として生きることから自分自身の生き方を模索しようと、40歳を過ぎた頃から「自分探し」の旅を始めました。


岡野さんの工房の周りの木々も
色づいてきています。

伊豆・東海~紀伊半島~近畿~日本海側~東北~関東など、数年をかけて旅をする中で、たまたま2002年長野県菅平で森の勉強をすることに。

その学びや活動では、自然に関わることの楽しさ、多くの人とそれを分かち合うことの素晴らしさや大切さを実感し、翌年同じ学びの仲間とNPO法人「東京どんぐり自然学校」を設立し、活動を始めました。

更にその翌年には、子供達の独立を契機に会社勤めに区切りをつけ、環境教育の仕事を進めることを目標に移住をしました。

<移住先選びは「甲州街道」がキーワード>

移住先として選定した地域は主に関東地方の北、長野県の有名な避暑地、伊豆地方と自分が納得できるまで何度も出向きました。
しかし、各地区とも移住先として決定する決め手が無く、以前からオートバイで旅をしているときに好きだった「甲州街道」沿線で移住先を選ぶことにしました。

岡野さん:「東京を起点にいくつもの街道がありますが、甲州街道が一番好きなんです。なんだか呼ばれるんですよね・・・こっちに呼んでるなって気がするんです。
理屈じゃなく、なぜか好きなんです!」

1 2 3

このブログのトップへ