楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > Vol179■“ふじのくに” 静岡県情報19

Vol179■“ふじのくに” 静岡県情報19

今回は、日本一の産出額を誇る お茶!の話題です。今にも清々しい香りが漂ってきそう~です。

♪5月1日は八十八夜~新茶の季節がやってきます♪

立春から数えて88日目となる5月1日は八十八夜と言われ、唱歌「茶摘み」で♪夏も近づく八十八夜…♪と歌われるように、この頃に摘まれた新芽は香り高く風味豊かで、それを飲むことにより1年を無病息災で過ごすことができると言われています。

茶畑1
(写真:静岡県観光協会)

茶畑2
(写真:静岡県観光協会)

「新茶」には、渋みの成分であるタンニンが少なく、旨みや甘みの成分であるテアニンが多く含まれているので、大変おいしいとされているんですよ!
産出額日本一を誇る静岡県のお茶。県内には「川根」や「本山(ほんやま)」、「掛川」など、多くの有名茶産地があり、さまざまなブランド茶が生産されています。この多くは、優良品種の「やぶきた」から作られるお茶ですが、近年は、味や香りなどに特長のある「しずおか新銘茶」づくりなども行われています。

茶畑3
(写真:静岡県観光協会)

一口に「茶」といっても、製造方法の違いによって、色・味・香りの異なるお茶が生まれます。新芽を蒸し、新鮮な緑色を保ったまま製造する「普通煎茶」やテレビ
番組で紹介され話題となった「深蒸し煎茶」、独特の旨みがある高級茶の代表「玉露」のほか、半発酵茶や発酵茶など、従来の日本茶にはこだわらない多彩なお茶も生産されるようになりました。それぞれのお茶のおいしさを知れば、お茶の時間がもっと楽しくなりますよ。この時期にしか飲めない、おいしい静岡の新茶をお楽しみ下さい。

静岡県のお茶に関するお問合せはこちら
静岡県経済産業部茶業農産課(パソコン用)

お茶の楽しみ方などについてはこちら
財団法人世界緑茶協会(パソコン用)

静岡県の楽しみ方を紹介する情報サイト「静岡大好き。しずふぁん!!」はこちら(パソコン用)

静岡県観光情報ホームページ「ハローナビ」は、静岡県の見どころ、イベント、おいしいものなどの旬の情報が満載!
「ハローナビ」はこちら(パソコン用)

「ふじのくに情報宅配便」は、静岡県の情報が盛りだくさん!!(パソコン用)

【お問合せ先】
静岡県企画広報部広報課
TEL 054-221-3360

このブログのトップへ