楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > <VOL.229>北海道のたからもの「増毛の歴史的建物群」

<VOL.229>北海道のたからもの「増毛の歴史的建物群」

“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報(その35)

5月も後半に差しかかりました。
山々の緑も新緑の淡い色合いから日ごとに濃さを増しています。
この季節の北海道、“青空と爽やかな風”がピッタリですね!
さて、今回の北海道情報は、歴史的建物群の紹介です。

★★北海道のたからもの~北海道遺産~★★

明治から昭和初期にかけての栄華を遺す街並み
「増毛の歴史的建物群」

留萌線の終着駅「増毛」。駅前には明治初期に建てられた「旧商家丸一本間家」を始め、映画の舞台にもなった旧多田商店、旧富田屋旅館、国稀酒造など情緒あふれる建物が並んでいます。


伝統的な町屋様式に洋風の技術や装飾
が取り入れられた「旧商家丸一本間家」)

駅前交差点に建つ「旧商家丸一本間家」は、豪商・本間泰蔵が建てた石造りの呉服店舗。

平成15年に国の重要文化財に指定され、現在は、町が所有して一般公開されています。今年の開館期間は、4月26日~11月6日までです。

◆増毛町サイト内「旧商家丸一本間家」
http://www.town.mashike.hokkaido.jp/kyoiku/honmake.html


(日本最北の造り酒屋「国稀酒造」)

また、本間泰蔵が呉服業から酒造りにまで手を広げ、創業した「国稀酒造
は、現在も日本最北の造り酒屋として有名。駅前通りの奥で大正初期に建て直された趣ある店舗棟を見ることができます。

散策しながら気軽に見学が楽しめる駅前の一本道を増毛町では「ふるさと歴史通り」としてバリアフリー化を進め、観光客にも優しいまちづくりが図られています。

◇国稀酒造株式会社ホームページ
http://www.kunimare.co.jp/

また、暑寒別岳をバックに日本海を見下ろす高台にある旧増毛小学校は、1936年に建築され、木組みが美しい木造トラス工法の体育館も保有する戦前期都市型木造校舎でしたが、現在は校舎としての役目を終え静かにまちを見下ろしています。

◆北海道遺産ホームページ
http://www.hokkaidoisan.org/heritage/005.html
 
★北海道のメールマガジン「Do・Ryoku」の登録はこちらから!
http://www.hokkaido-jin.jp/cgi-bin/magazine/

1 2

このブログのトップへ