い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > M上のほんわか上伊那ライフ~飯田線リレー号、ついに最終日!~

M上のほんわか上伊那ライフ~飯田線リレー号、ついに最終日!~

皆様、こんにちは!

商工観光課のM上です

つい最近まで暑かったのに、気が付いたら上伊那はすっかり涼しい秋の気候になってきました

少し前の話になりますが、飯田線リレー号最終日の様子を振り返っていきたいと思います

前回のブログでは辰野駅から伊那市駅までを中心にお話しさせていただいたので、今回は伊那市駅から駒ケ根駅の様子をお伝えします

 

伊那中学校の皆さんに盛大なお見送りをしていただきながら伊那市駅を発車

伊那中学生の皆さんによるしおり配布が行われるのですが、担当の高校生がお客様への接し方や渡し方等をレクチャーしてくれた姿にすでに感動してしまいました

しおりをお渡しできる時間が限られていたので、車内の皆で力を合わせて頑張りました

高校生のレクチャーのおかげなのか、伊那中学校の皆さんもしっかりお客様の目線に合わせてしおりを渡していましたよ

しおりを貰ってすぐに中身を確認し、嬉しそうにしているお客様の姿も多く見られました

しおりを渡し終わると、伊那西高校の皆さんによるお出迎えが!

この日は台風が接近していて、風が強かったのですが、笑顔で踊り切ってくれました

沢渡駅を過ぎると、国内JRで最大の急こう配がやってきます!

40‰(パーミル)という1000mあたり40m高低差のある坂を飯田線リレー号はぐんぐんと上っていきます

ここでも、高校生が研修会の成果を発揮!

お客様に心地よく過ごしていただくために、一生懸命説明をしてくれていました

さらにさらに、大田切川鉄橋では飯田線リレー号限定の観光徐行もあります。

1 2 3

このブログのトップへ