い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > 中川村「アンフォルメル中川美術館」

中川村「アンフォルメル中川美術館」

発掘探検隊のyです。

 

皆さん、中川村に日本で唯一のアンフォルメル絵画の美術館があることをご存知でしょうか。

先日、陣馬形山登山の下見に行った際に、立ち寄らさせていただきましたのでご案内します。

 

アンフォルメル中川村美術館です。

DSCN0663

当美術館は、3つの建物からなり、2つは美術館として、1つは受付窓口などの管理棟として

利用されていると思われます。

建物周りの屋外には、美術品が飾ってあり、また、建物自体が既に芸術作品といえるような装いとなっています。

DSCN0664

受付窓口でチケットを購入した後、2つある建物のうちのひとつアンフォルメル絵画が展示してある建物に

入りました。

DSCN0628

残念ながら、中の様子は掲載できませんので、文章のみで報告させていただくと、

鈴木崧氏をはじめ、ジョルジョ・マチュウ氏、今井俊満氏、吉原治良氏の素敵な作品が展示されています。

 

なかでも、中川村に捧ぐミクストメディアは、草や葉を貼付け立体的な仕上がりとなっています。

また、アンフォルメルの扉にも目を奪われました。

鈴木崧さんの絵画は、大きな作品が多く、迫力満点でした。

 

次に、もうひとつの建物「樽沢泰文 陶のオブジェ展」を見学しました。

DSCN0659

展示物のうち一部掲載します。

DSCN0635

1 2

このブログのトップへ