い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > 木立の中にある登内時計記念博物館

木立の中にある登内時計記念博物館

発掘探検隊のyです。

 

大芝高原のすぐ近く、木立の中に、時計の博物館があります。

当ブログで過去に2回ほど紹介したことがあるところですが、6月30日まで、特別展示をしていますので

ご紹介いたします。

 

伊那市西箕輪の登内時計記念博物館です。

 

早速、展示会場の写真です。

0114

新聞にも取上げられていますが、子供たちを対象に募集したアイデア時計の

工作などを展示しています。

6月30日まで展示してますので、興味のある方は、お出かけください。

開館時間は、10月までは、10時から17時(最終入場16時30分)

火曜日は定休日です。

 

さて、当館は、この展示だけではなく、多くのめずらしい時計が展示してあります。

すべてが、はじめてみる時計ですが、特に、興味をそそられた時計から

01080079

大きな時計や豪華な装飾を施した時計も多く有りましたが、上記の写真のような、よく見ないと構造がわからない

時計は、面白いものです。

 

昭和にあったような時計から

0112

 

1 2

このブログのトップへ