い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 自然・山・花 > 地域に愛される桜の名所 ~津島神社の桜~

地域に愛される桜の名所 ~津島神社の桜~

こんにちは。
地域政策課の中年Mです。

すっかりお馴染みとなりました「中年Mの上伊那 “桜” 紀行 ~通勤途中にちょっと寄り道~ 」シリーズ(?)も、飯島町中川村に続いて3回目となりました。

今回は、上伊那郡宮田村の津島神社の桜のご紹介です。

さて、4月の新年度を向かえて、新しい職場や学校での生活を始められた方も多いかと思います。そのためか、いつもの通勤ルートも交通事情が変わって車の量が増えているようです。

そこで、4月17日の朝は、違うルートを使って宮田村の市街地を通ってみたところ、桜が見えてまいりました。

   (宮田村・津島神社の桜)

これはこれはと、ちょっと寄り道をしてみました・・・


この桜が、津島神社の桜です。

境内の中に咲く桜は、ちょうど見頃を向かえていました。

社殿を桜の花がきれいに彩っています。

夜には桜のライトアップもあって地元の方が訪れるなど、地域に愛される桜の見どころになっているようです。

しかしながら、この日は朝の早い時間帯。

まだ静かな商店街の中、ひっそりと咲く桜の写真を撮りまくっていると、通学途中の小学生が「おはようございます」と大きな声で挨拶をして、寄り道もせずにまっすぐ学校へと歩いていったのでありました。

さて、津島神社と言えば「みやだ祇園祭」!!

   (境内看板の写真から「暴れみこし」)

1 2

このブログのトップへ