い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 自然・山・花 > 上伊那にも桜前線がもうすぐやって来ます

上伊那にも桜前線がもうすぐやって来ます

こんにちは。
地域政策課の中年Mです。

伊那市の高遠城跡公園の桜の開花予想は4月10日頃となっていますので、上伊那の桜シーズン本番も間もなくです。
そこで4月7日(月)の朝、南から北に向けて桜の開花状況を見て来ました。

上伊那より南に位置する下伊那地域からは、すでに桜の便りも届いています。
飯田市では、4月6日(日)には早くも桜まつりが開かれ、大勢の人でにぎわったとのこと。
もう間もなく満開を向かえるといった状況でした。

  (4月7日・飯田市大宮通り)

飯田市から、下伊那郡高森町~松川町と北上してくる間には、道路沿いから、桜の咲いている所をいくつも見ることができました。
そして、車で20kmほど北上すると、いよいよ上伊那郡の飯島町に入ります。


上伊那郡飯島町の「与田切公園」は、与田切川沿いにある自然公園です。
4月7日(月)は朝の冷え込みが厳しく、日影には霜柱が残っていました。

公園内では、いくつか早咲きの木が桜の花を咲かせ始めていました。

   (上伊那郡飯島町・与田切公園)

しかし、本格的な開花までは、あと一歩というところ。
この日は、車で北上する間に、桜前線を追い越してしまったようです。

しかし、よく見ると花びらが顔を出してきたつぼみがありました。

  (与田切公園の桜のつぼみ)
今週は昼間は暖かくなるようですので、今日、明日中にも桜の花が咲き始めるのではないでしょうか。

与田切公園では、4月5日(土)~20日(日)までの間、桜まつりが開催されていて、テント村の出店やライトアップが始まっています。
また、4月13日(日)には、開会セレモニーのほか、太鼓演奏やお茶会、高所作業車遊覧(!)などが行われるイベントも開催されます。

1 2

このブログのトップへ