い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 自然・山・花 > 上伊那の名水探訪(3) ~鳥の宮湧水(伊那市)~

上伊那の名水探訪(3) ~鳥の宮湧水(伊那市)~

 みなさんこんにちはface02、魅力発掘探検隊の旅人Mです。

 上伊那の名水を探訪するこのコーナー、
行者の泉 延命水」、「光前寺の延命水」とご紹介してきましが、第3回目の今回は、伊那市手良(てら)にある、「鳥の宮湧水」(とのみやゆうすい)です。


 鳥の宮湧水の場所は、こちら。

 たどり着くのに少し骨が折れますface07。県道207号(美篶箕輪線)の手良小学校前交差点を東に入り、道なりに進みます。

 どんどん進んでいくと看板を発見、左側の道を入って目的地に向かいます。

(最後の分岐の案内看板 左が鳥の宮湧水、右が野口中組集会所)

 鳥の宮湧水へ行く道は非常に狭く、駐車場も1台がやっと入れるくらいの広さしかありませんので気を付け進みます。

 そうすると、とてもきれいな水場にたどり着きます。

 
 この水は、もともと地区の生活用水として使われ、手良小学校でも飲み水やプールの水として使われていたそうです。水道が普及して使われなくなっていたこの水を、地区の有志が水場を整備するなどして復活させたのだとか。

 水は2か所からざこざこと流れ出ています。水場は、左側が飲んだり汲んだりする用、右側が野菜や果物を洗う用に作られています。
 

 飲んでみると、冷たさはありますが、非常にまろやかで優しい味ですface02。冬場でもおいしく飲めそうな水だなと感じました。
 取材をしている時にも、地区の方が2名ほど水を汲んで行かれましたが、どちらの方も口を揃えて「ここの水はいいみずだろぅ~face01」とおっしゃっていましたので、地域の方のこの水に対する愛着の深さも感じることができました。

 のどかな集落で出会える隠れた名水、是非お楽しみください!
(なお、生水のご利用には十分ご注意くださいね。)

 

このブログのトップへ