い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 木製おもちゃ作り体験(伊那市竜西保育園)

木製おもちゃ作り体験(伊那市竜西保育園)

林務課です。

伊那市では、「森林づくり県民税」を活用した木育推進事業について、さまざまな取り組みが行われています。

2月6日(金)には竜西保育園で、園児と保護者が一緒になって、木のおもちゃ作りを体験しました。

当日は、ウッドフォーラム伊那、ユカイナ倶楽部、地域環境デザインMOCなど、市内の木工職人さん約10人に、加工や組立を指導いただきました。


材料は、上伊那森林組合の工場の端材、間伐で発生した丸太、高遠城址公園の桜の剪定枝。園児たちは保護者と相談しながら、じっくり材料を選びました。



材料の切断は、保護者が手ノコを使ったり、講師が糸ノコ盤を使って行いました。


講師の建具職人さんに、こんな細かな加工もしてもらいました。これは、最後には怪獣の「歯」に。


最後に、みんなでワイワイしながら接着剤を使って組み立て。


完成した作品は、動物や家、椅子、車、アスレチック、刀などなど。


園長先生も、子どもたちの豊かな発想力に驚いていました。色も形もさまざまで加工しやすい木材は、子どもたちの発想を実現する格好の材料だと改めて感じました。

このブログのトップへ