い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 「上伊那地域 おもてなし向上プロジェクト」スタート!

「上伊那地域 おもてなし向上プロジェクト」スタート!

 上伊那地域が魅力ある観光地として、県内外から選ばれるために、「上伊那地域全員参加型」のおもてなしの実践や市町村の圏域を越えた観光情報の共有化と観光案内の連携強化のための基盤づくりを目的とする「上伊那地域おもてなし向上プロジェクト実行委員会」の設立総会が去る10月30日(木)伊那合同庁舎講堂で開催されました。

設立総会の様子

設立総会の様子

 実行委員会は、上伊那管内の市町村、商工団体、観光協会、交通事業者、教育機関、報道機関、上伊那地方事務所等34団体で構成されています。

初代会長に選ばれた川上健夫氏

 今後、「広域連携部会」「事例集・ツアーコンテスト部会」「上伊那検定部会」で具体的な事業の検討を進めていきます。
 この実行委員会の初の事業として11月12日(水)には、かんてんぱぱ西ホールにおいて、「上伊那地域 おもてなし向上セミナー」(申込終了)を開催予定です。
 また、伊那市長谷で「蔵の宿 みらい塾」を経営されている市ノ羽幸子(いちのは ゆきこ)氏に「ためしてみて!農家民泊」と題して、事例発表を行っていただきました。
 市ノ羽氏からは、農家民泊の苦労話や楽しい点など、素人の我々にもわかりやくすく具体的にお話しいただき非常に参考になりました。

市ノ羽幸子氏

市ノ羽幸子氏

 特に、ホームページによる情報発信については、女性へいかに訴求していく内容とするかが大切、農家民泊を継続していくには、ビジネスの観点を忘れてはいけない、海外(特に台湾)からの誘客は、現地に赴き、文化や嗜好等に直に触れることが、今後交流するうえで重要など、誘客を促進するうえでのポイントを実践されてきた、市ノ羽氏から直接お聞きすることができ、参加者の皆さんからも「非常に参考になった」等の声が多く聞かれ、大変有意義でした。
 今後、上伊那地域がどの地域よりも「おもてなしであふれたいい地域」となるべく、地域の皆さんと一緒に、知恵を出し合い、行動していきます。

このブログのトップへ