い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > い~な上伊那 イベント情報 ~米俵マラソンほか~

い~な上伊那 イベント情報 ~米俵マラソンほか~

 皆さん、こんにちは。
 先週末は大変うれしいニュースがありました。いよいよ長野県にもサッカーJ1チームの誕生です。
 地域リーグからスタートした「松本山雅FC」。よくぞトップリーグまで昇りつめてくれました。
 選手もさることながら、サポーターの応援が素晴らしいです。まさに地域とともにあるチームです。
 今後のさらなる活躍を期待したいと思います。

 
 週末を中心に行われる上伊那地域のイベントやお出かけ情報をお知らせします。(商工観光課)
 

1.第2回 米俵マラソン(飯島町)

 米俵を担いだり、抱えたり、背負ったりして走るユニークなご当地マラソン「米俵マラソン」が9日、飯島町で開催されます。

  「世界でもここだけ!」の米俵マラソンは、地元有志が地域を元気にしたいと始めた取り組み。飯島産お米のおいしさもPRします。
 昔から米作りが盛んでおいしいお米の生産地である飯島町ならではの地域色豊かな大会です。
 仮装大賞も設けられているため、選手の仮装も楽しみのひとつ。俵で作った高さ4mほどの「俵富士」も必見です。(オフィシャルサイトで様子が見れます。)

米俵マラソン(飯島町観光協会)063 米俵マラソン(飯島町観光協会)071
                          (提供:飯島町観光協会)

 米俵は、実行委員会のメンバーをはじめとする町民による手作り品です。
 高齢化する米俵職人の技術を習得して米文化を継承していこうと、「米俵保存会」も立ち上げて研修を重ねているそうです。

 実行委員長の酒井さんは、各地で開催されるマラソン大会に米俵を担いで参加し、自ら米俵マラソンをPRされています。
 5月に中川村で開催された「信州なかがわハーフマラソン大会」で米俵を担いだ酒井さんをお見かけしました。重さを聞いたところ、3㎏の米俵を担いでいるとおっしゃっていたと思います。3㎏の米俵を担いでハーフを走ることはかなりきついと思いますが、それだけ鍛えているということですね。さすがです。
 そのPR効果もあって、今年は昨年の4倍近い390人余り(うち米俵を担ぐ部門は270人)の申し込みがあったそうです。
 ぜひ、皆さんも応援に出掛けてみてはいかがしょうか。
IMG_4194なかがわハーフマラソンで米俵を担いで走る酒井さん。

1415085635838

 開催日:平成26年11月9日(日)
 発着会場:飯島町文化館駐車場
 時 間:開会式 9:30  スタート 10:25
 コース:10㎞(米俵・一般マラソン) 文化館⇒町中心部⇒日陰坂⇒七久保・本郷⇒文化館
      5㎞(米俵・一般マラソン) 文化館⇒町中心部⇒文化館
      3.4㎞(一般マラソン) 文化館⇒町中心部⇒文化館
 コースマップはこちら
 詳しい内容は「米俵マラソンオフィシャルサイト」をご覧ください。
 マップ:最下段に表示

1 2 3

このブログのトップへ