い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 試験用のカラマツ球果を採りました(箕輪町)

試験用のカラマツ球果を採りました(箕輪町)

長野県では林業用の優良な苗木を育成するため、県下7箇所に採種園を設置しています。その内の1箇所が箕輪町にある中箕輪採種園で、カラマツ、ヒノキ、アカマツを種子採種木として植栽し、球果を採取しています。

中箕輪採種園には現在、93本のカラマツの母樹が整然と並んでいます。母樹は精英樹(林分の中で樹高や胸高直径等の形質に優れ、選抜された個体)から選ばれており、一本一本の幹には札が付けられていて、どんな特性を持った母樹なのかを特定することができます。

OO 

 

 

 

 

 

 カラマツは種子の豊凶の差が激しく、5年から7年おきにしか豊作年がこないと言われています。種子があまり採れない年が多い中、今年は「まあまあ」のなり具合とのことで、長野県林業総合センターの試験用に採取することになりました。

枝にはカラマツの球果がビッシリと付いています。カラマツ色になったカマキリの姿も。

O O 

 

 

 

 

 

 ツリークライミングの技術を使って、樹の先端で枝を切り落として、

OO  

 

 

 

 

 

 

1 2 3

このブログのトップへ