い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

クマ鈴ってなんでつける?!

山に入るときつけるクマ鈴ってなんでつけるか知っていますか?

山をフィールドの一部に保育に取組む信州山ほいく認定園の高遠第2第3保育園(伊那市)で、実際に山にはいる園児や保育士さんに、6月7日クマ鈴についてお話しさせてもらいました。

おねえさんとくまさんのごあいさつから始まりました

熊は元々とても臆病で耳がとても良い動物です。熊に突然会って驚くのは人だけではなく、熊も突然人に会うとびっくりしてしまいます。驚いた熊は本能的に・・・。そんな事がないように、『これから近くに行くよ~』とお知らせするのがクマ鈴の役割です。ラジオもそうですね。

かわいいみんなにも理解してもらうように、劇と歌のステージで説明しました。

良いおじいさんは鈴をつけ、悪いおじいさんは鈴なしで。結果は・・・

良いおじいさんにくまさんはこそこそ逃げていきます

最後はみんなで森のくまさんならぬ『森でクマつけて♪』の合唱です。

クマ鈴つけて~♫

園ので熊さんを実際に驚かしたみんなはしっかり分かってくれたかな?

沢山のすずにくまさんもびっくり

皆さんも山に入るときはクマ鈴を忘れずに~🎶

くま研さんありがとうございました

このブログのトップへ