い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 地域の元気 創造中!「飯田線 歌声列車の旅」

地域の元気 創造中!「飯田線 歌声列車の旅」

こんにちは!地域政策課のK.Tです。
「地域発 元気づくり支援金事業」を活用した事業をご紹介します。

今回は、「飯田線歌声列車の旅」icon18事業が平成25年10月19日(土)に行われましたので、その様子をお知らせしたいと思います。

企画内容は、飯田線の2両の貸し切り列車で伊那谷の美しい秋の景色を満喫しながら、懐メロ・唱歌・童謡などをみんなで思いっきり歌っていこう!というものです。face01

行程は、以下のとおり伊那松島駅(上伊那郡箕輪町)を出発し、天竜峡駅(飯田市)を折り返すもので、

「伊那松島 ― 伊那市 - 駒ケ根 ― 七久保(上伊那郡飯島町) ― 
天竜峡(折り返し) - 七久保 ― 駒ヶ根 ― 伊那市 ― 伊那松島」

飯田線での列車の旅も思いっきり満喫できる内容となっております。face02

私は伊那市駅から参加させていただきました。
電車の中は満員で、「高原列車は行く」、「青い山脈」などの大合唱がすぐに始まりました。(音声を聞いていただけないのが残念!)

さらに、「もみじ」、「小さい秋みつけた」、「リンゴの唄」などの大合唱はつづきます。

歌声に乗って、電車は「駒ヶ根駅」「飯島駅」を通過です!

途中、旧国鉄で飯田線の列車の乗務に勤務していた赤羽さんによる、「飯田線の歴史」や2027年に開通予定の「リニア中央新幹線」の話などをはさみながら、「四季の歌」、「あの素晴らしい愛をもう1度」、「いつでも夢を」などの大合唱は続き、

「あっ!」という間に天竜峡駅につきました!

昼食を天竜峡駅でした後、折り返し駒ケ根・伊那方面に向かいます。
私は昼食を食べ気持ちよくなり、うかつにもウトウトしそうでしたが、皆さんは「学生時代」、「高校三年生」、「なごり雪」など午前中を上回るペースで大合唱です!

1 2

このブログのトップへ