い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

伊那のスイーツ~米粉のおやき~

伊那市の伝統スイーツ「米粉のおやき」を紹介します。

伊那では昔からのしきたりで、恵比寿講には「俵型」「かます型」のおやきをお供えします。

恵比寿様が俵・かますに五穀を荷車一杯に詰めて各家庭にお出でくださるのが恵比須講といわれています。

米どころ伊那のおやきは、包み込む皮を米の粉で作るのが特徴で、小麦粉と違ったモチモチ感と歯ごたえのある独特の食感です。

この米粉のおやきを製造・販売するのが、みはらしファームを拠点に活動する西箕輪グループです。
伊那の郷土食「米粉のおやき」の加工・研究・PRといった活動の開始は、昭和57年にさかのぼります。
平成10年にはみはらしファームに加工場が完成し、おやき、五平餅、おこわ、切り餅から加工を始めました。
おやきでは、米の生地の中に春先とったよもぎを入れたもの、野沢菜煮、大根干煮の入ったものも好評です。

平成16年に菓子製造の施設ができたことで、米粉100%のシフォンケーキ、おからを入れたヘルシードーナツ、地元小豆を使った土産用みはらし万十など、バリエーションが増えました。

五穀豊穣を祝う恵比寿講には、是非伊那の米粉のおやきをご賞味ください!

このブログのトップへ