じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > その他 > しあわせ信州移動知事室(上田地域)~社会福祉法人職員との懇談 in 敬老園~

しあわせ信州移動知事室(上田地域)~社会福祉法人職員との懇談 in 敬老園~

19日の15:30から、社会福祉法人敬老園の本部で、「外国人介護労働者の受入れ及び包括的里親支援事業」をテーマに懇談を行いました。

はじめに敬老園から2つの事業の本年度の取組状況を説明していただき、ベトナムから来日して2年目で介護福祉士を目指して勉強をされているファム ハーイ ロンさんから実習の感想等をお聞きしました。


↑ロンさんが実習の感想をお話ししています。

 

続いて県から今後の事業方針を説明し、その後で懇談を行いました。

敬老園からは
「日本全体の中から、敬老園を実習先に選んでいただくために大変な努力をしている。」
「4年間勉強して資格を取得した後で、敬老園に残っていただける保証がない。」
「介護人材不足の中で介護の仕事に就きたいと思う日本の若者がいない。」
「里親制度の方は措置費の仕組みが現状に合わない。」
等の状況をお話ししていただきました。

知事からは
「すぐに解決できるものではないが、介護では報酬等のお金の流れに地方が関わっていない。地方が口出しできる仕組みにしていく必要があり、問題意識を持って考えたい。」
と発言がありました。

 

最後にロンさんも一緒に記念撮影を行いました。


↑記念撮影

 

このブログのトップへ