じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 農政課 > しあわせ信州移動知事室(上田地域)~新規就農者・育成指導者との懇談~

しあわせ信州移動知事室(上田地域)~新規就農者・育成指導者との懇談~

3月19日「新規就農者及び育成指導者との懇談」がJA信州うえだ東部営農センターにて開催されました。

阿部知事と3組の新規就農者の皆さんと就農前に研修を受けた(有)信州うえだファーム役員と「農業の魅力・こだわり・やりがい」について懇談しました。

最初に、(有)信州うえだファームの設立目的、就農希望者の研修、栽培ほ場の貸借の仕組みやワインによる6次産業化への取組みなどの説明がありました。

阿部知事から「農業が元気になるアイディアをいただきたい。JA信州うえだファームの就農へのサポート活動のモデルとして、また新規参入時のハードルについて行政やJAに要望を願いたい。」と懇談がスタートしました。

就農して2~4年目の新規就農者の皆さんからは、

・ワインに携わりたいと農業に参入した。
夢をかなえるにはJAファームの給与、技術、土地の支援は魅力的であり迷わず上田に来た。

・とにかくリンゴがおいしく、また果樹栽培をしている高齢の方々がシャンとしている姿が素敵だった。

・農作業はきつく、大変であるとのイメージがあるが、そうでもなかった。

・農業は始めやすいが、取り組む人次第であり、マネジメントできるか、所得があげられるかなど、志や目標、やる気がないとできない。

・住宅支援の内容を向上させて欲しい。

・季節労働力の確保に苦労している。

・子供や障害を持った人たちにぜひ農業を体験してほしい。

など、多くの意見や知事からの質問等がありました。

 

このブログのトップへ