じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 上田スイーツさんぽ≪手作りケーキの店タルト その3≫ 

上田スイーツさんぽ≪手作りケーキの店タルト その3≫ 

上田城トップ

 

 

 

 

 

 

 

 

上小地方事務所のT-BOXです。かつての上田は、塩田平を走る別所線のほか、丸子や青木、真田へと電車が通じていました。上田交通真田傍陽線は、上田駅を起点に真田まで延び、本原で分岐して真田駅、傍陽駅まで営業キロ数16キロの路線でした。当初は、地蔵峠を越えて松代まで繋げるという遠大な構想まであったとのこと。蚕都と言われる上田の経済力は、当時さぞや、すごかったのでしょう。二の丸橋から堀をスロープに沿って下りると遊歩道に合流します。このあたりに、真田傍陽線の公園前駅がありました。

堀スロープ

dennsya

二の丸橋下。ここに公園前駅があった。

1 2 3 4 5 6 7

このブログのトップへ