じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 農政課 > 上田駅に農産物を飾ろうプロジェクト~第3回~

上田駅に農産物を飾ろうプロジェクト~第3回~

農政課 きり太です。

JR上田駅みどりの窓口の隣のスペースにて、10月20日から「りんご三兄弟(秋映、シナノスイート、シナノゴールド)」の展示を行っています。

IMG_7266

りんごの品種としては、11月から出荷される「ふじ」、8月下旬から出荷される「つがる」がよく知られていますが、この中間の9月下旬から11月上旬にかけて出荷されるのが、長野県で育成された「りんご三兄弟」です。

9月下旬から10月中旬にかけて出荷される、濃い赤色が特徴的な『秋映(あきばえ)』は上小地域で生産を力を入れている品種であり、年々生産量が伸びてきています。甘みと酸味のバランスの絶妙さが売りのりんごです。

10月上旬から10月下旬にかけて出荷される、『シナノスイート』は上小地域では「ふじ」「つがる」に次いで多く生産されている品種です。鮮やかな赤色と強い甘みとジューシーさが特徴的なりんごです。

そして、10月下旬から11月にかけて出荷される、黄色に輝く『シナノゴールド』は甘みと酸味のバランスに優れており、パリッとした食感が特徴のりんごです。

いずれも管内直売所で購入することができますので、ぜひお買い求めいただければと思います。

 

また、10月13日から一週間「ワイン用ぶどう」の展示を行いました。

Picture101915_174312

黄色系ぶどう『シャルドネ』、黒色系ぶどう『メルロー』『カベルネ・ソーヴィニオン』を展示しました。これらのぶどうは上小地域のワイナリー等で醸造され、来年の晩秋頃から出荷が始まります。

収穫の秋、たまにはワインで乾杯!! なんてのもいいですね。

 

11月は上旬に花の展示、中旬にりんご「ふじ」の展示を予定しています。ぜひお楽しみに!!

 

このブログのトップへ