じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

神川水系で釣り!!

釣りバカONOちゃんです。

家族の求めでしばらく海釣りに奔走していたため、久しぶりの川での釣行です。

今回は上田市真田に流れる神川とその支流に行ってきました。


この日は傍陽川と神川の合流地点近くの落合橋上から川に入りました。
この辺りは典型的な里川の様相ですが、適度に淵や瀬があり、釣り人に期待を持たせる渓相です。

しかぁしっ!
この日は猛暑に加えて、川の濁りが強く、私のような疑似餌を使った釣りには大変厳しい釣行です。

濁りのせいでお魚さんにうまくプレゼンテーションができていないのか、お魚さんがいないのか、私の腕不足か(多分これでしょう)、なかなかアタリが来ません。

そうこうするうちに、なんと使っていた竿が石に当たって、ポッキリ折れてしまいました!!
一番気に入って使っていた竿なのに。トホホ・・・(写真を撮ってアップしようと思いましたが、見ると辛くなるので止めます・・・)

心も折れて、この地点での釣りを諦め、上流へ。
菅平湖を過ぎて、支流である大洞川へ向かいます。
この辺りは高原の渓流で、ロケーションはとても良く、鳥の声を聞きながら予備の竿を使って釣り上がります。

神川水系はニジマスやヤマメを放流しているようですが、上流ではイワナが釣れました。釣れて良かった。

ただ、残念だったのは観光地である菅平高原に近いせいか、川のあちらこちらにペットボトルや空き缶などのごみが見られたこと。
せっかくの気持ちよい釣りもこうした光景を見ると、気持ちもトーンダウンです。
信州の素敵な自然、ごみで汚さないよう皆で気を付けていきたいものですね。

1 2

このブログのトップへ