じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

別所線途中下車の旅4 中野駅周辺

 上小地方事務所のY夫です。

 別所線途中下車の旅シリーズの第4回は、中野駅周辺です。
 前回までのブログ→ 下之郷駅 中塩田駅 塩田町駅

●隠れ家的な洋食レストラン

 駅の紹介をする前にご覧いただきたいのが、倉坂というレストランです。
 中野駅から南へ行き、県道82号線の交差点を渡ってすぐのところ(地籍は新町)にあります。肉料理が中心ですが、パスタなどもあります。
 最初の写真はたらば蟹のクリームコロッケ、次は若鶏の信州味噌焼き。ほかにドイツ風とんかつなんていうのもあります。ご主人は、上田のカレーの老舗べんがるで20年ほど修業され、6年前に店を出したそうです。したがって、私はまだ食べたことはありませんが、メニューにはカレーもあります。たまに休日のランチでうかがいますが、店内も落ち着いていて、ゆっくり料理を味わえます。パンも自家製です。

 では、中野駅の紹介です。中野駅は、ひとつ前の塩田町駅からは約500mの距離。駅の間隔が短い別所線の中でも最も短い距離です。塩田町駅で降り損ねても歩いて5~6分。ありがたいです。住宅地の中にある駅で、駅舎は、数人が屋根下に入れるくらいの小さな建物。敷地にパークアンドライド用の駐車場があります。これがあるのは、ほかには大学前駅です。

●駅前の大衆食堂


 駅のすぐ近くにある食堂がなかの食堂。メニューはたくさんあります。今回はチャーシューメンをいただきました。柔らかいチャーシューがたくさん乗っています。昔ながらのガラスープのしょうゆ味。スープの色は薄いですが、塩味が効いています。住宅街の中にある食堂で、夜に行きましたが、ご近所の方でしょうか、3~4組来ておられて、和やかな雰囲気で食事されています。カツどんもおいしいという話を聞きました。

●どら焼きやかりんとうまんじゅうがおいしい和菓子屋さん

 駅から南に向かって、県道82号線との交差点の少し手前にあるのが、前にご紹介した和菓子の梅光堂新町店です(こちらをどうぞ)。凍ったアイスどら焼きあんバタどら焼きなど各種どら焼きがお勧めです。かりんとうまんじゅうや凍らせた大福、おやきなど、ほかにもおいしいそうなお菓子が並んでいます。ここに来ると、だいたい先客がいて、買うのに少し時間がかかります。

●老舗の酒造会社

 最後にご紹介するのは、若林醸造こちらのブログでご紹介したことがあります。

 月吉野というお酒がメインですが、乳酸菌入りの甘酒や、リンゴ、ブドウ、赤シソなどを入れた四季の甘酒なんていうまさに色々な甘酒も作っています。上田電鉄がお土産用にと販売を始めたありがとうというお酒もここで製造しています。お店には、お酒や甘酒、リンゴジュースなどを販売していますが、土日は休みなのでご注意ください。

1 2

このブログのトップへ