じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 自然・花便り > 東御市にある「金原ダム」は「かなばら だむ」と読むのです

東御市にある「金原ダム」は「かなばら だむ」と読むのです

こんにちは。上田地域振興局 総務管理課 Kです。

 

上田建設事務所では、7月下旬の「森と湖に親しむ旬間」にあわせ、2か所のダム見学会を行いました。

雅太郎さんの内村ダムのレポートもご覧ください。

内村ダム見学会に行ってきました

 

以前から1度参加したいと思っていたのですが、今年は密を避けるため小人数での事前予約制と聞き、遠慮なく参加できました。

 

行ったのは、金原ダム(かなばら だむ)。

金原川が流れる東御市 和(とうみし かのう)にある、ロックフィルダムです。

 

 

少しだけ、説明します。

金原川は、大変急流であり、昔からたびたび洪水災害が起きました。悲しい出来事です。

しかしその一方、東御市は、国内でも有数の(?)、年間降水量の少ない地域でもあります。

そのため、水不足が生じ、お米が穫れない、野菜が穫れない、果物が穫れない、といった大きな悩みがありました。

それらをまるごと解決したい!!!

 

ということで、調査から12年、工事には4年の年月と約130億円の事業費をかけ、平成12年に稼働した多目的ダムです。

現在は、金原ダムの洪水を防ぐ流量調整、農業用水の安定確保、そして東御市の水道用水の確保に役立っています。

すばらしい。ぱちぱちぱち。

 

ところでみなさんは、ダムと聞くと何を思い浮かべますか?

私は、たっぷり水をたたえた湖と、大きく高いコンクリート壁。

ダム湖と呼ばれる湖は、大きく美しく、観光地になっているところも多いです。

1 2 3

このブログのトップへ