じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 県営水道 諏訪形浄水場見学会に行ってきました

県営水道 諏訪形浄水場見学会に行ってきました

ろ過池で砂の間に水を通して残っている小さな汚れを取り除きます。

最後に塩素で消毒して水道水の完成!!
芝生の下にある浄水池にいったんたくわえてから送りだします。

さて施設内の見学から戻ってきたら、県営諏訪形浄水場、上田市営染谷浄水場、エビアン、県営四ツ屋浄水場の4種類の水が用意されていて、どれがどの水かを当てるきき水です。
ホワイトボードに書かれたヒントをもとに考えるのですが、全くわからない(汗)

 

そうは言っても明らかに味が違うと感じたCがエビアンだと確信。

肝心の諏訪形浄水場の水は、概要説明の前に「ウエルカムドリンク」としていただいていて味を覚えたはずなのに、全く思い出せません。

とりあえず、まろやかな味だと感じたBが井戸水を使用している四ツ屋浄水場。
それから、緩速ろ過の染屋浄水場がD、急速ろ過の諏訪形浄水場がAと回答してみました。

さて、正解発表です。

アルクママは見事(?)2問正解。
まろやかな味だと感じたのは諏訪形だったのですね。

全問正解者には所長賞が用意されていたのですが、残念ながら全問正解者がいなかったため、2問正解者のうち、Bの諏訪形の水を当てた人に所長賞がプレゼントされました。

諏訪形浄水場の水が給水されている地域に住んでいるさくたろうさんは、「いつも飲んでいる味」ということで見事Bを当て、所長賞をゲットしていました。
じょうしょう気流でいつもグルメレポートをしてくれているさくたろうさんの味覚が確かだということがここで見事証明されました!!

ちなみにみやびさんは1問正解。

さてさて、ここまででもかなり盛りだくさんの内容ですが、オプショナルツアーとして、マイクロバスに乗って上田リサーチパークにある配水池に連れて行ってもらいます。

諏訪形で作られた水を原峠に汲み上げ、ここの配水池から塩田地区などに配水します。

1 2 3

このブログのトップへ