じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

上小地域ちょこっと探し物~上田のお酒編~

皆様、地域政策課Y林です。

 ブログへの掲載が少しおろそかになっていました。←すみません。
 さっそく、本題に移りたいと思います。私はそんなに強くはないのですが、美味しいお酒を味わいたいと常に思っています。ということで今回は上小地域の私の中の探し物を求めて「日本酒」に注目しました。
 じょうしょう気流のブログにもたびたび日本酒の紹介が載っています(「上小地域のお酒 -蔵元×利酒師五人衆で造ったお酒-」)が、まだ飲んだことのないお酒を捜してみようと思い、数々飲んできた上小地域のお酒の中でそもそも和田龍のお酒を飲んでいないという結論になって、HPで早速検索してみました。
 HPの中で和田龍の「登水」ブランドを見つけ、入手方法を検討。地元のお酒が結構売られているというじょうしょう気流のブログがあったことを思いだし(そのブログはこちら)、早速上田駅前「おみやげ処 北村」のHPで検索、(さすが、じょうしょう気流使えますね。)和田龍の登水があるではないですか。
 そんなことで、早速お休みに上田駅前の「おみやげ処 北村」にいきました。
ブログにも書かれていますが、「地元酒蔵のお酒を、店内のタンクからお好みのボトルに入れてお持ち帰りいただくこともできる」「信繁」というお酒もさらに発見。
 ○【特別純米生原酒『真田左衛門佐 信繁』】は他の何処にも同じものの無い、「オンリーワン」のお酒です。きっと気に入って頂けると信じ、心を込めて皆様にお届けいたします。との添え書きもあり、早速購入してみました。
長 野県産の酒米「美山錦」を真珠のように磨き上げ、仕込み水に日本一の超軟水「黒耀水」の湧水を使用して、蔵人達が丹精込めて醸しだしたお酒はあくまでも純米酒であることにこだわっていることもあり、さらっとしたのみ心地。洋食にも和食にもあうのではないでしょうか。
 まだ、「登水」はもったいなくて飲んではいませんが、今後もちょと気になったことについてレポートをしてみたいと思います。




おみやげ処 北村
上田市天神1-8-1 駅前ビルパレオ1F
電話 0268-22-2369

このブログのトップへ