じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 別所温泉外湯巡り 3つの風格ある建物でお風呂に入ります 2

別所温泉外湯巡り 3つの風格ある建物でお風呂に入ります 2

 商工観光課のF1号です。

 別所温泉の3つの外湯を巡ったレポートの2回目です。 初回はこちらです。

 大師湯石湯と回って、柏屋本店の甘味処で一休みしたところで、次の大湯へ向かいます。

 石湯は、真田幸村公ゆかりのお湯でしたが、こちらは木曽義仲公です。平家追討のため挙兵し、大軍を破って上洛して「朝日将軍」とも呼ばれた武将です。信濃の英雄の一人でしょう。その義仲公が上洛の機会を伺っていたときに、愛妾葵の御前と入浴していたそうです。そのため葵の湯とも呼ばれていたそうで、大湯の入口の横には「葵の湯」と書かれた票石があります(この辺りの詳しいいきさつはこちらのブログで)。鎌倉時代になって北条氏がこの地を治めたときに浴室を建てたことから「北条湯」と呼ばれ、その後、お湯の量が多かったことから今の「大湯」になったとのこと。
 ここは、露天風呂もついています。せっかくですからそちらにも入浴。よく晴れた日でしたから、青い空の下の入浴は気持ちいいですね。

 別所温泉には足湯もあります。温泉街を散歩しながらお湯につかりたい人にはいいですね。裸にならなくても、素足になれば、信州一歴史のあるお湯を楽しめます。
 今は2箇所あって、一つがななくり。北向観音の裏の駐車場横にあります。平成16年(2004年)に設置されました。安楽寺の国宝「八角三重塔」をモチーフにした総ヒノキ造りだとか。
 もう一つは、「大湯」から別所温泉駅方面に下りていく坂の途中にある大湯薬師の湯。これは昨年(平成24年)2月にできた新しい足湯です。別所温泉の活性化を進める団体「別所温泉魅力創生協議会」が、気軽に温泉を楽しんでもらおうということで作ったものです。このブログ「じょうしょう気流」の記念すべきスタートの日、昨年3月1日に紹介しました。こちらをどうぞ。

  ↓↓↓ 外湯の場所はこちら ↓↓↓


大湯
 住所:上田市別所温泉215-1
 地図:

このブログのトップへ