北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

「きのこ中毒予防月間」が始まります。

 

【毒】カキシメジ    ・・・ 茶色いきのこ。かさの裏側(ひだ)は白色で茶褐色のシミができる。事故多い。

4.

 

【毒】ドクササコ    ・・・ 北信地域に目立つ、手足の先端の痛みが長期間続く。

 

【毒】テングタケ    ・・・ 神経障害、けいれんなどを起こす。

 

【毒】ニガクリタケ   ・・・ クリタケに似る。死亡事例あり。

 

【毒】ネズミシメジ   ・・・ シモフリシメジに似ている。かさの表面は灰白色。

 

【毒】ドクヤマドリ   ・・・ イグチの仲間、かさの裏側はスポンジ様。

 

【毒】チチアワタケ   ・・・ ハナイグチに似る。

 

※きのこ採取で山に入る前に、代表的な毒きのこの特徴をしっかり覚えましょう。

 

 【野生きのこ販売所関係者の皆様へ】

〇過去に長野県内でも、誤って「毒きのこ」を販売してしまった事例が複数あります。

事故発生の主な原因

(1)食用きのことして陳列したパック内に1~2本「毒きのこ」が混ざっていた。

(2)販売所が、仕入れたきのこの中身を確認していなかった。

(3)販売所に「きのこ鑑別」ができる従事者がいなかった。きのこ採取者が持ち込んだきのこをそのまま陳列販売していた。

※毒きのこと知らずに販売してしまったとしても、販売者責任が発生します。

 

〇毒きのこを販売しないために

(1)名前が不明なきのこは、陳列・販売しない。

(2)販売する野生きのこの種類(範囲)をあらかじめ決めておく。

(3)販売所で自ら「きのこ鑑別」ができる職員を育成する。あるいは適任者を雇用する。

1 2 3

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

北信地域振興局 総務管理課
TEL:0269-23-0200
FAX:0269-23-0256