北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 信越自然郷のイベント > 「Okomin café(おこみんカフェ)」in旧志賀高原ホテルに今年も行ってきました!

「Okomin café(おこみんカフェ)」in旧志賀高原ホテルに今年も行ってきました!

こんにちは、企画振興課 山林です。

昨年もこの時期に大学生の皆さんが企画運営を行っている「Okomin café(おこみんカフェ)」が今年も開店していましたので、お邪魔しました。

昨年は、志賀高原高天原スキー場の前の「レストランだけかんば」でやっていたのですが、そちらでも同じ時期に「もものうちcafé」が開催されています。両方とも志賀高原特産の根曲がり竹が入った「おこみんカレー」が提供されているのですが、こちらの旧志賀高原ホテルではなんと「おこみんハヤシ(信州牛入り)」が提供されていましたので、志賀高原観光PRキャラクター「おこみん」を食べるべく、さっそく注文。

写真7626


しかし、この旧志賀高原ホテルは現在志賀高原歴史記念館となっていて、猪谷千春(と言ってみなさんわかりますかね)など、志賀高原とスキーのかかわりなどの展示もされていて、昔がホテルなので趣がありますね。

学生さんに「水は、志賀高原の水です」、「どこからお越しですか」などと声をかけていただきましたので「中野市からです」と答えたら、県外が多い中「地元ですね」とご返事をいただきました。メニューも英語対応もしてありまして、昨年に比べパワーアップしてます。
おすすめの「ももスムージー」も一緒にいただきました。
かわいらしい盛り付け、ハヤシライスで信州牛も柔らかくとってもおいしく、ももスムージーも本来の桃の味で甘すぎずとってもおいしかったです。
やはり、志賀高原は本当に天然クーラーですね。下界は34度越え。志賀高原は入り口の丸池でさえ27度です。まだまだ、暑い日々は続きますので、「Okomin café(おこみんカフェ)」も「ものうちcafé」は8月18日で終わってしまいますが、是非お寄りください。

このブログのトップへ