北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

【長野県からでも海が見える】戸土集落の紹介

県境というと、高い山々が連なっているとか、
大きな川が流れているというイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。

ここの県境にはこのように看板がポツンとあるだけで、明確な区分けとなる何かの目印があるわけではありません。

5 6

正確に言うと、県境は正式に地図の上に示されてはいないようです。

ただ、この地域には諏訪大社の力が及んでいて、薙鎌(なぎがま)打ち神事
元禄時代以前から行われていたことが、信越国境論争に決着を付けた証拠となっています。

薙鎌打ち神事とは
御柱祭りの前年に諏訪大社の宮司が、小谷村戸土にある境の宮神社と中股の小倉明神の御神木に
6年ごと交互に薙鎌と呼ばれる鎌を打ち込む神事で、明治時代に一時中断し、昭和18年に再開されました。

7

 

 

 

 

 

 

薙鎌は長さ30cmほどの鶏の頭の形をした諏訪神社の神器ですが、信州開拓の象徴であるとか、風雨鎮護のための呪具という説もあるようです。

↓このように、御神木に打ち付けられています。

8

 

 

 

 

 

1 2 3

このブログのトップへ