北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 大町・北安曇のイベント > 第20回ふれあいイベント「土・人・水」が開催されました

第20回ふれあいイベント「土・人・水」が開催されました

こんにちは
農地整備課のはりきりボーイSHOです。

大町市の越荒沢堰親水広場第20回ふれあいイベント「土・人・水」(主催:水土里ネットおおまち地域用水対策協議会)が開催されました。

水土里ネットおおまち地域用水対策協議会では、地域の皆さんが越荒沢堰でふれあい親しんでいただくことにより、この堰を地域の宝として大切に守っていくことを目的に、ふれあいイベントを開催していて、今年で20回の節目となります。
地元の農家さんや子どもたち約80人が参加しました。

まずは広場周辺の景観整備として、草刈りや雑草取りを1時間ほど行いました。
越荒沢堰は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて作られた農業用水路です。
古くから地域に親しまれ、平成10年度から17年度にかけての県営整備事業の際には、石積護岸工法を採用することで豊かな環境を残し、ふれあう機会を創設しています。

作業の後は子どもたちがスイカ割りを楽しみました。
上手に割れたスイカを美味しそうに食べていました。

そして、きれいになった親水広場でイワナのつかみ取りを行いました。
合図とともにつかみ取りスタート!
子どもたちは、水路に放たれた130匹のイワナを次々と捕まえていました。

その後、イワナの稚魚の放流をしました。
最後は新企画「ビンゴ大会」です。
次々とビンゴ者が出る中、私は惜しくもビンゴならず・・・。

参加者が持ち寄った、野菜やお米をはじめとする豪華賞品を手にした子どもたちは、うれしそうでした。

 

                   課長講評

参加者の夏の思い出になるとともに、北アルプスの水の恵みのありがたさを改めて考える機会となりました。

このブログのトップへ