諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 元気づくり支援金 > 下諏訪の温泉の歴史を知ろう!夏休み親子体験イベント

下諏訪の温泉の歴史を知ろう!夏休み親子体験イベント

皆さんに質問です!

①下諏訪の温泉に入ったことあるかな?

②下諏訪にはいくつ温泉銭湯があるか知ってる?

※2番目の質問の答えはこの記事の最後にあります。

 

下諏訪町の遊泉ハウス児湯で開催された「下諏訪の温泉の歴史を知ろう!夏休み親子体験イベント」に参加して
きました。

 

温泉と温泉施設の管理をしている「下諏訪財産区」の皆さんが、下諏訪温泉の歴史や日々の暮らしに取り入れ
られた温泉との関わりについて説明してくださいました。

IMG_3823.cleaned

 

昔の下諏訪町では、各所で温泉をくむことができ、湯口から家まで「くみ湯」をして運び、運んだお湯は炊事や
洗濯等に使われていたそうです。

この「くみ湯」、昭和30年頃までは小学生の仕事だったんですって!

FullSizeRender.cleaned  FullSizeRender.cleaned3

 

参加者の皆さんも、実際に「くみ湯」のお仕事を体験。

「重い~。」といいながらも一生懸命お湯を運びます。

ちゃんとこぼさずお湯を運べたかな?

IMG_3829.cleaned

 

見学会では特別に、普段は見ることができない源湯施設の見学することができました。

財産区の皆さん、ありがとうございました!

IMG_3831.cleaned

 

遊泉ハウス児湯の近くある「綿の湯」の湯口には、諏訪大社下社七不思議の一つに数えられている不思議な
言い伝えがあるのをご存知ですか?

「湯玉伝説」に由来する神様のお湯である「綿の湯」は、心の汚れた人が入ると湯口が濁ると言われているの
です。

IMG_3832.cleaned (1)

皆さんの触れたお湯は澄んだままでしたか?

ぜひ試してみてください。

【湯玉伝説とは】

はるか昔、諏訪明神の祭神「建御名方神(たけみなかたのかみ)」のお妃「八坂刀売神(やさかとめのかみ)」が、上社の地から下社の地にお移りの時、日頃ご愛用の 温泉を綿に湿し、「湯玉」にしてお持ちになった。

無事、下社にお着きに なったとき、手にしていた「湯玉」を置いた所から、温泉が湧き出した。 湧き出した場所が下諏訪温泉で、その神話に基づいて「綿の湯」と名付けられた。

※下諏訪温泉ポータルサイトより抜粋

 

 

それでは質問の答えです。下諏訪には8つもの温泉銭湯があるのです。

FullSizeRender.cleaned4

 

チケット一枚で児湯、旦過の湯、新湯の3カ所が楽しめるおトクな「三湯めぐり」のプランもありますよ♪

信州下諏訪温泉三湯めぐり

https://shimosuwaonsen.jp/wp/wp-content/uploads/3yumeguritirashi2903.pdf

 

暑い日が続きますが、温泉でリフレッシュして夏を乗り切りましょう。

 

諏訪地域振興局では、「地域発 元気づくり支援金」を通して「下諏訪温泉旅館組合」が進める「児宝安産縁結び・しもすわ開運プロジェクト事業」の取組を支援しています。

LINEで送る

このブログのトップへ