南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:飯田市下栗の里】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 春を告げる「伊那小沢駅のカンザクラ」と「鶯巣の梅の花」(天龍村)

春を告げる「伊那小沢駅のカンザクラ」と「鶯巣の梅の花」(天龍村)

地域政策課のHKです。

南信州・天龍村から、いち早く春を告げる話題を紹介したいと思います。

(撮影日:平成27年3月14日)

まずは、伊那小沢駅の寒桜(カンザクラ)です。

 

tenryu1

伊那小沢は飯田線の駅で、信州最南端の中井侍駅の一つ手前になります。

ここのカンザクラは、長野県で最も早く春を告げる桜として有名です。

tenryu2

今年の開花は、2月27日でした。

ここ数年は3月に開花していましたので、今年は早めです。

見頃もあとわずかといったところでしょうか。

tenryu3

tenryu5

tenryu7

駅のすぐ裏は天竜川が流れていて、絶景です。

tenryu8

 

次に紹介するのは、鶯巣の梅の花です。

鶯巣(うぐす)にも飯田線の駅があり、伊那小沢駅の隣りの駅です。

飯田市側から行くと、天龍村の中心駅「平岡」から「鶯巣」「伊那小沢」と続きます。

その鶯巣駅から徒歩5分ほどの場所にあるのが「鶯巣梅園」です。

tenryu4

tenryu6

今年の開花は、2月12日でした。ほぼ例年並です。

tenryu9

tenryu10

もうしばらくは、見頃が続きそうです。

tenryu11

tenryu12

ここの梅園も、すぐ裏は天竜川が流れています。

tenryu13

いかがでしたか。

まだ肌寒い日が続きますが、春を感じられる天龍村に、ぜひお越しください。

お待ちしています。

天龍村のホームページはこちら

 

LINEで送る

このブログのトップへ