「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > 佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その1:小海町)

佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その1:小海町)

商工観光課の太田です。

移住希望者向け月刊誌『田舎暮らしの本』(宝島社)2月号の読者アンケートで、長野県は「移住したい都道府県ランキング」総合第1位に選ばれました!
移住を希望される方から、長野県は大きな注目を浴びています。

では、そんな長野県のなかでも、佐久地域の魅力とは何か?

・首都圏に一番近い
・都会と田舎が両方体感できる
・星空がきれい
・水や野菜が美味しい
・降雪量が(県内他地域に比べて)少ない
・日照時間が長い            などなど…

そんな佐久地域の多様性を移住希望者の方に知ってもらうべく、
佐久地方事務所は小諸市、小海町、御代田町、立科町と協力し、
2月4日~5日の1泊2日で「佐久地域移住体験ツアー」を行いました。

事前に申し込みのあった、小学生以下のお子さんがいるご家族4世帯にご参加いただきました。
佐久地域の子育て環境の良さを実際に見て体験していただいている様子を4回に分けてお伝えします。

* * * * * * * * * *

参加者の方はJR佐久平駅に集合し、駅周辺の様子を見学しました。
当日は天気にも恵まれ、浅間山や八ヶ岳がくっきり綺麗に見えたので、
参加者の方も「こんな近くで浅間山が見えるんですか!?」とびっくり。

JR佐久平駅から最初の目的地である「小海町」へ向かいます。

小海町
小海町の生涯学習施設「北牧楽集館(きたまきがくしゅうかん)に到着しました。

北牧楽集館は、旧北牧小学校の建物を改修して生涯学習施設に生まれ変わったものです。
図書館や郷土資料館のほか、会議室や体育館やグランドの施設利用や、ランニングマシンやウェイトトレーニングが完備されているトレーニングルーム(!)もあります。トレーニングルームは、町民の方は無料、それ以外の方も1回100円で利用できるとのことで、この日もジャージ姿の方が何人も建物に入っていく様子を見かけました。

北牧楽集館についての詳しい説明はこちら

ここで小海町職員の説明と町のDVD紹介による町の概要説明がありました。
施設の紹介や先輩移住者のインタビューがDVDで放映され、参加者の方は熱心にスクリーンを見ていました。

その後は館内見学ということで、今回は子育て世代の方向けに図書館を案内しました。
なかは白色を基調にする落ち着いた雰囲気となっています。児童図書館は別スペースに区切られて いるため、少しくらいの声であれば外に漏れることもありません。絵本の読み聞かせもできるのがうれしいですね。

①DSC05268
テレビ取材も来ていました!
参加者の方(右)が先輩移住者に質問している様子です。少人数だからこそ密に話ができます。
②DSC05273
北牧楽集館をあとにし、バスに乗って町内を周回します。
町職員の方は、小海町は子育て関連施設が密集しており、非常に便利だとアピールしていました。
保育園、小学校、児童館、中学校が2km圏内にあり、さらに子育て世代向け町営住宅(建設中)や
小海駅も徒歩圏内にあるということで、生活しやすい立地になっています。
地元スーパーのナナーズや高原のパンやさん(パン屋)も紹介していました。

町内を周回したあとに行った「松原湖(まつばらこ)では、結氷した湖面の上を歩きました。
松原湖はワカサギ釣りが楽しめるため、マイテントや釣り竿を持参して朝から釣りを楽しむ方があちらこちらにいました。有料で道具を借りることができるので手ぶらでも楽しめることができます。
夏は綺麗な湖畔の上でボートに乗ることもできますので、ぜひ夏の松原湖も見てほしいですね。
松原湖のワカサギ釣りについてはこちらをご覧ください!

スケートリンクと変わりなく、湖の上とはとても思えませんでした。
子ども達も氷の上ではしゃりだり、ワカサギ釣りの穴をのぞき込んだりしていました。

DSC05277
③DSC05278
その後お昼の時間になり、地元の日帰り温泉「八峰の湯(やっほうのゆ)へ!
ここで各自食事をとりながら、町職員や地域おこし協力隊の人とざっくばらんに話していました。
当日は快晴でしたが寒さが厳しかったこともあり、寒さや積雪に関する
質問が多く出ていました。
④DSC05283
土曜日の昼ということもあり、八峰の湯はお客さんで大変混雑していました。
名前のとおり日帰り温泉施設で、岩盤浴やマッサージスペースもあるため女性にも大人気です。
入口のスペースでは、地元業者がつくる野菜やハチミツがお手頃な価格で売られています。

八峰の湯の詳しい情報についてはこちらをご覧ください!

八峰の湯で働いている移住者の方も、仕事の合間をぬって話に来てくださりました。
DSC05288
まだまだ話足りなかった参加者の皆さんでしたが、次の目的地「立科町」へ向かいます。
続きは「佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その2:立科町)」をご覧ください!

★小海町(こうみまち) 移住相談先
小海町総務課 TEL:0267-92-2525(代表)
http://www.koumi-town.jp/office/archives/ijyuteijyu/

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE