「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のイベント > 「環境フェアin佐久JumpOut!佐久穂」の開催報告と「環境保全に関するポスター・標語コンクール」の入選・入賞作品等の展示のお知らせです。

「環境フェアin佐久JumpOut!佐久穂」の開催報告と「環境保全に関するポスター・標語コンクール」の入選・入賞作品等の展示のお知らせです。

佐久地方事務所環境課です。image049
当課が事務局で運営している豊かな環境づくり佐久地域会議では、自然エネルギー佐久地域協議会と共催で2月11日(土)佐久穂町生涯学習館 茂来館で「環境フェアin佐久JumpOut!」を、佐久穂町・公民館主催の「佐久穂環境フェア」、「冬の図書館まつり」と同時開催しました。

image001 (2) image001
盛りだくさんの体験・参加プログラムが行われました。

image011 image007
 

エコなものづくり体験の中でも、「環境フェアin佐久」お馴染みのマイエコバックづくりはいつでも大人気です。そして、佐久穂環境フェアではマイはしづくりが行われ、こちらも大変好評でした。

image005 image013DSC_2171
マイ〇〇を持つことにより、ゴミの排出をかなり減らせます。マイ〇〇は身近にできるエコライフです。「環境フェアin佐久」では新たな体験プログラムを検討しています。是非、皆さんのマイ〇〇を教えてくださいね。

体験コーナーでは、こんなおもしろいことを佐久穂町さんがやってくれました。
町の不燃ごみで出た食器類を使ってのテーブルクロス引き体験やごみの重さ当てクイズです。
まだまだ使えそうな食器が不燃ごみに出ていました「もったいない」ですね。

image004 DSC_1047
色々なゴミ問題について体験し、見て、考える場となったのではないでしょうか。
そして「ごみが増えている」ことについて、子どもたちが、これから自分にできると思うことなどの思いをたくさん書いてくれました。

image003 DSC_1054 - コピー
image007
環境問題と言えば、地球温暖化やゴミに関することがまず思い浮かぶのではないでしょうか。忘れてはいけない大切なこと「生物多様性、動植物の保護等の自然環境保全に関するもの」です。

職員が熱心にがんばり、「いきものをさがせ」、「鳥の羽あわせ」コーナーや北相木村の猟友会よりお借りした鹿の角、佐久地域の自然風景、信州の希少な生き物のパネル、県立自然公園の紹介の展示など、これまた盛りだくさんで、生物多様性と自然のめぐみが感じられるとてもよい体験型展示コーナーになったと思います。

image009 image005 (2)
ここでも、子どもたちから「自然と生き物はつながっている」ことについて、感じたことなどたくさんのメッセージをいただきましたよ。

image013
 

南相木村の村故郷ふれあい公社が開発・販売を始めた、ブロック玩具「Moccai(もっかい)」の展示・体験会がありました。これは、カラマツの不要な木くずを有効活用して作ったもので、ここに登場した約2,500個のMoccaiブロックで作った「シナノユキマス」はすごい迫力でした。

image001 (4)  image004 (2)
「Moccai」を組み立てて遊ぶ子どもたち。

 

環境フェアin佐久JumpOut!佐久穂に引き続き、平成28年度環境保全に関するポスター・標語コンクール及び生物多様性関係について、佐久合同庁舎1階ロビーにおいて展示しています。
ポスター・標語コンクールでは、県内各地から、ポスター1,890点、標語356点の応募がありましたので、県民会議と県の代表者による審査会を開き、今年度の入賞・入選を決定しました。
ここでは、ポスター・標語の最優秀作品と入賞・入選作品のうち佐久地域の受賞作品を展示いたします。
3月10日まで展示しておりますので、是非ご覧ください。

DSC_1075  DSC_1065DSC_1074
 

標語コンクール「優秀」作品です。いいね!
「アイデアで 出さない捨てない エコロジー」 佐久市の相賀 光さん
「4年後は 長野もきれいな自然で おもてなし」 佐久市の清水 恵美子さん

image015
ポスターの部「優秀」(佐久市立佐久平浅間小学校1年)野澤 彩加さん

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE