「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のイベント > 信州アフターDC(デスティネーションキャンペーン)が始まりました!

信州アフターDC(デスティネーションキャンペーン)が始まりました!

こんにちは。商工観光課です。

昨年の信州DCに続き、今年は信州アフターDCが7月1日から9月30日まで開催されています。
ここ佐久地域では、このスタートにあたり「信州アフターDCオープニングイベントin佐久エリア」を軽井沢駅で開催しました。

まずはJR軽井沢駅改札口前でJR軽井沢駅長さん、しなの鉄道軽井沢駅長さんとこもろん(小諸市)、佐久の鯉太郎ミニ(佐久市)、白樺ちゃん(佐久穂町)、レタ助(川上村)が参加してのオープニングセレモニーです。

軽井沢セレモニー1
 

そして佐久地域での信州アフターDCのスタートを宣言する除幕式。
軽井沢セレモニー2(除幕)

出てきたのは小諸市にあるマンズワイナリーのワインでした。
軽井沢セレモニー(ワイン)

マンズワイン SOLARIS 信州カベルネ・ソーヴィニョン2014と信州シャルドネ2016。
それぞれ5リットルの巨大ボトル、迫力があります。

 

軽井沢配布

セレモニーが終わると佐久地域の市町村の方と一緒に観光PRです。
小諸市、佐久市、佐久穂町、川上村、軽井沢町、御代田町の皆さんがブースを設けて、軽井沢を訪れた観光客の方々に佐久地域の周遊観光を楽しんでいただけるよう魅力を発信しました。
また、この地域の特産のプルーンで作ったジャムを観光客の皆様にプレゼントしたり先程のワインをお振舞。大変ご好評をいただきました。

軽井沢ろくもん
市町村のマスコットキャラクター達は

まず、しなの鉄道の観光列車「ろくもん」の乗客へ手を振ってお見送りです。
この列車は沿線ゆかりの真田家にちなんだ外装や長野県産木材を使った車内が特徴で、軽井沢から長野まで浅間山と千曲川の雄大な景色を楽しめることができ、洋食のコースを味わうプランもあるんですね。

 

05新幹線ホーム.cleaned

新幹線ホームでは東京や金沢から来るはくたか号のお出迎え・お見送り。
乗客の皆様からたくさんの笑顔をいただくことができました。

さて、当地にはもう一つ、南北に走るJR小海線があります。
この小海線に昨年の信州DCに併せて平成29年7月1日から運行しているのが観光列車の「HIGH RAIL 1375」です。
「天空にいちばん近い列車」をコンセプトにつくられたこの列車がデビューしてから一周年となることから、JR中込駅で6月30日(土)と7月1日(日)に「小海線 HIGH RAIL1375 デビュー1周年記念イベント」が開催され、沿線市町村のみなさんやマスコットキャラクターと一緒に参加しました。

 

ハイレール初日全景(橋上)

佐久地域の空を感じさせるブルーの車体がかっこいいですね!車内には星空映像が映し出されるスペースがあったり、佐久市内のお店がつくブランチやスイーツを味わえる列車があったりと、楽しさいっぱいです。

 

ハイレール初日配布

6月30日(土)は佐久市、佐久穂町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、山梨県北杜市の皆さんと一緒に乗客の方へ地域食材で作ったスイーツや千曲川源流ならではの水などの特産品をプレゼントしました。

 

ハイレール翌日セレモニー

ハイレール翌日ケーキ

7月1日(日)は1歳の誕生日。
ホーム上にケーキが用意され、出席された皆さんでお祝いしました。
地域にとっても大切な観光列車。これからも多くの方にご利用していただきたいと思います。

こうしてスタートした佐久地域の信州アフターDC。観光列車の旅をはじめ、星空観賞やアウトドアスポーツ、旬の野菜や食、お酒、ワインなど多彩な高原リゾートが楽しめるこの地域へ、どうぞお越しください。

 

LINEで送る

このブログのトップへ