信州魅力発掘人

信州に魅せられ、活動する人たちの言葉には「信州の魅力」が凝縮されています。信州の魅力を掘り下げ、それを語る「信州魅力発掘人」。山の強さ、美しさ、厳しさ、素晴らしさを知る人たちが「山の魅力」を伝えます。

長野県魅力発信ブログ > 信州魅力発掘人 > 浅間山クラブ(小諸市)事務局長 栁田住吉さん > 広い視野で情報を収集して、山を安全に楽しんでほしい

広い視野で情報を収集して、山を安全に楽しんでほしい

ヨーロッパアルプスなど世界の名立たる山にも登った経験を持つ栁田住吉さん。「ヒマラヤの懸垂氷河や山のスケールも素晴らしいが、四季のある日本の山の美しさもまた格別」と話します。火山である浅間山の魅力を改めて感じているという栁田さんに、県内の山の良さや、最近の様子についても伺いました。


動植物も浅間山の魅力の一つ

天然カラマツの群生

- 浅間山クラブはどのような活動をしているのですか?

現在の浅間山の地形は最終氷河期以降に形成されたので、標高の割に多くの高山植物を見ることができます。アサマモンキチョウ(ミヤマモンキチョウ)、アサマシジミといった蝶や、アサマブドウ(クロマメノキ)、アサマフウロなど、実は「アサマ」の名が付く動植物もたくさんあります。天然カラマツの群生も他ではあまり見られません。

浅間山クラブは、そんな自然を守っていこうという趣旨で、浅間山が大好きな人たちが集まって立ち上げました。メンバーは約30人で、地元の人を中心に、県内では上田や松本、県外では関東近郊の人もいます。遠方でなかなか参加できない人もいますが、浅間山が好きな気持ちは同じ。こちらに来るのを楽しみにしていて、来たときには一緒に作業しています。

主な活動は、環境保全や登山道の安全確認や整備、火山館の運営協力、情報交換や学習会などです。

- さまざまな活動をしているのですね。

例えばユキワリソウという高山植物は全国で見られますが、あれだけの量が群生しているのは県内でもそうありません。メンバーの中にユキワリソウの生態を研究していた筑波大学の先生もいるので、観察会を企画して、説明したり群生地に案内したりしています。

最近はニホンジカが上まで上がってきているようなので植生への影響やシカの数の調査などにも取り組み始めました。

- 栁田さんは、どのくらい浅間山へ行っているのですか?

以前は月に3回程度でしたが、3年前に市役所を退職してからは、周辺の山々も含めると年間80~90回くらいでしょうか。オンシーズンの7~8月は月に10回くらいは登っていると思います。2012年にNPO法人浅間山麓国際自然学校のインタープリターにも登録したので、ガイドとして行くこともあります。

- 最近、山の様子はどうですか?

山に来る人は増えましたね。昔は50代から60代、中高年の人たちしかいませんでしたが、7~8年前から山ガールのブームがあって、ここ2、3年は若い男性もよく見かけるようになりました。若者が増えたことはとても嬉しいですね。最近は皆さん、装備はしっかりしているので、あとは情報面でもインターネットだけに頼らず、幅広く収集してもらえるといいですね。

- インターネットの情報だけでは不十分ですか?

小屋の空き具合や予約などはインターネットでいいのですが、山の情報収集にはもう少し視野を広げてほしいですね。個人のブログや自分が登ったルートを投稿できるウェブサイトの情報を見て、自分も同じように行けると考えるのは危険です。失敗したことや途中で断念したことには触れずに、良い記録だけを載せていることもありますから。複数の情報を見て、地図を見直して、自分に合った山登りをしてもらえればと思います。


さまざまな特徴を持つ山を全て味わえる長野県

- 栁田さんは外国の山も数多く登っていますが、山の魅力とは?

山登りは壮快ですし、登っているときは無心になれる。普段の雑踏から解放されたような気持ちになる瞬間もあります。そして何より、山には素晴らしい自然があり、大きな感動を得られます。

外国の山と比べて日本の山は、四季があって変化に富んでいるところが魅力です。緑もあるし、岩もあるし、浅間山だと火山特有のものもあります。途中にはさまざまな動物や昆虫、植物との出合いもあります。ただ上に上るだけではなく、自然に興味持って楽しみながら歩くと、今まで気付かなかったものが見えてくるのではないでしょうか。

- 春夏秋冬、さまざまな楽しみ方がありますね。

新緑や紅葉も良いですが、私が好きなのは冬です。雪が全てを覆い隠す真っ白な風景と、新雪を踏みしめる音が好きです。新雪は空気がいっぱい含まれていて、キュッと締まるような音がして、心地いいです。雨の中を登るのも風情があります。まあ、雨は嫌だという人もいますけどね(笑)。

- 長野県ならではの良さもありますか?

長野県には、低山から3000m以上の高山まで自然豊かな山がたくさんあり、日本の山の魅力が凝縮されていると言えるかもしれません。雪渓、カール、花畑、岩稜など季節を通して日本の山の魅力をすべて兼ね備えているエリアは他にはそうありません。せっかく素晴らしい地域に住んでいて、「山登りは大変そうだから」と挑戦しないのは残念だと思います。基本的な知識や技術、マナーを学んで、楽しく山に登る人が今後も増えると嬉しいです。


「浅間山の素晴らしい自然を楽しみ、そして大切にしてほしい」という栁田さん。インストラクターやガイドのほかにも、浅間連峰地区山岳遭難防止対策協会として、救助・捜索・相談業務(パトロール)などの活動も行っています。多角的に山に携わり、その魅力と厳しさを伝えてくれる人がいるからこそ、老若男女問わず、皆が山を楽しむことができるのでしょう。

PROFILE

1951年、長野県小諸市生まれ。20歳ごろから本格的な登山を開始。1974年から浅間連峰地区遭難対策協議会補導員(相談員)・救助隊員として現地での活動に協力。2005年に発足した「浅間山クラブ」の事務局長を務める。
長野県自然観察インストラクター、日本山岳ガイド協会自然ガイド、高山植物等保護指導員

LINEで送る

このブログのトップへ