来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 信州山の日 > 日本屈指の紅葉「北アルプス 涸沢カール」

日本屈指の紅葉「北アルプス 涸沢カール」

「北アルプス 涸沢カール(カラサワカール)」(標高2,350m 松本市安曇)は、奥穂高岳、前穂高岳、北穂高岳の直下に広がる、日本有数の氷河圏谷であり、日本一とも称される紅葉の名所として有名な地です。

P1040055

 

只今(10月1日現在)、紅葉の最盛期を迎えており、穂高岳をバックに、ナナカマドの赤やダケカンバの黄などが鮮やかな色に染まり、登山者を魅了しています。

 P1040160  

P1040035 

P1080102 

P1080096 

涸沢カールには、「涸沢ヒュッテ」と「涸沢小屋」の二軒の山小屋があり、このテラスからは多くの登山客が飲み物やソフトクリームを片手にのんびりと紅葉を楽しんでします。

P1040033     

 P1040034

P1040108    

P1040107

 

 涸沢ヒュッテの代表取締役山口孝氏は、「季刊信州2014夏号」(信州キャンペーン実行委員会発行 事務局:長野県観光部)の「きらりと光る人」の特集ページに「北アルプス・穂高岳は永遠の憧れ 世界に誇れる信州の山を守り続ける」のタイトルでインタビュー記事が掲載されています。

 掲載ホームページこちらは:http://www.shinshu-dc.net/2014/summer/kirari/379

 

○「北アルプス 涸沢カール」を目指すには

先ずは、上高地バスターミナルからほぼ平坦な梓川沿いを歩くこと約3時間で横尾地区に到着

ここから、いよいよ本格的な登山道になり横尾地区からさらに約3時間で涸沢カールです。

 

(登山コース)

1早朝の上高地河童橋。さすがに早朝は静寂な時間

P1070993

2徳沢キャンプ場。朝日が眩しい朝

 P1080001

3横尾地区。ここから穂高岳・涸沢カールと槍ヶ岳の登山道が分かれ、本格的な登山道が始まります。

P1080005

P1080006

 4横尾地区から涸沢カールへ歩き出し、しばらくすると、そこには紅葉に包まれた登山道が訪れます。

P1040019

P1040010

 5ついに涸沢着きました。絶景かな!!

P1040035 

今宵は、日中の紅葉に満足し、月を眺めながらアルクマもテントに泊まりました。

P1040120

P1080065

 ぜひ、皆様も一度は「北アルプス 涸沢カール」の紅葉を見に行きませんか。

 今後秋がさらに深まり、県内各地で紅葉の見頃を迎えます。

(参考)

長野県の紅葉情報はこちら(信州・長野県観光協会ホームページ)

http://www.nagano-tabi.net/modules/season/kouyoudayori.html

 

上高地の観光情報はこちら(上高地公式ウェブサイト)

http://www.kamikochi.or.jp/

 

涸沢ヒュッテホームページ

http://www.karasawa-hyutte.com/

 

涸沢小屋ホームページ

http://www.karasawagoya.com/

 

松本合同庁舎トレッキング部単独登山の巻(商工観光課)

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ