じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > まちづくり > 上田商工会議所主催「地酒フェス」に行ってきました

上田商工会議所主催「地酒フェス」に行ってきました

上田合同庁舎のOです。

新聞で上田商工会議所主催「地酒フェス」開催の記事を見つけました。

ここは本ブログ「沓掛酒造「蔵開放2017」に行ってきました」の総務管理課のiさん登場!・・といきたいところですが、所用で参加できず残念。

上田に6か所ある酒蔵のうち5酒蔵が出店し、15銘柄が味わえるという上田では珍しい企画でしたので、お酒に弱い私ですが行ってきました。

7月14日(金)午後5時から上田市原町にある「真田十勇士ガーデンプレイス」で開催されました。

101会場入り口 - コピー
続々と人が集まってきます。

102会場中央 - コピー
会場にはテーブル席が用意されています。

103会場サックス - コピー
今回は信州上田観光大使のサックス奏者 藤本三四朗さんのライブもあります。

http://www.city.ueda.nagano.jp/kankojoho/kankotaishi/index.html (上田市役所信州上田観光情報ホームページ「信州上田観光大使」へリンク)

200地酒品書き - コピー
今回出店している酒蔵と銘柄の味などが記載されたお品書きがありました。

では、酒蔵と銘柄を紹介します。

201岡崎酒造 - コピー
岡崎酒造(http://www.ueda.ne.jp/~okazaki/
信州亀齢 純米吟醸 稲倉棚田産ひとごこち 無濾過生原酒
信州亀齢 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒
信州亀齢 特別純米 美山錦 無濾過生原酒

202沓掛酒造 - コピー
沓掛酒造(http://www.fukumuryo.co.jp/
互 夏の青春 季節限定商品 ひとごこち100%
互 うすにごり 純米吟醸生原酒 ひとごこち100%
福無量 純米大吟醸 長野県産「金紋錦」100%

203若林醸造 - コピー
若林醸造(http://wakasake.wixsite.com/wakasake
純米吟醸生原酒 つきよしの
特別純米原酒 つきよしの
純米酒 つきよしの

204和田龍酒造 - コピー
和田龍酒造(http://www.wadaryu.com/
和田龍登水(とすい) 美山錦
和田龍登水(とすい) 山田錦
和田龍登水(とすい) ひとごこち

205信州銘醸 - コピー
信州銘醸(http://www.shinmei-net.com/
吟醸 梁山泊
特別純米酒 黒耀
瀧澤 純米吟醸

301カップサイズ - コピー
1杯100円で飲めるとのことで、カップはこのくらいのサイズでした。

15銘柄を全部飲んでも1,500円です。

408出店8(ビールなど) - コピー
地酒のほかにも生ビールや缶酎ハイなども販売しています。

市内事業者から酒の肴になる食べ物や特産物なども販売していました。

401出店1 - コピー
腸詰サラミや・・

402出店2 - コピー
鹿肉ジャーキーやドライフルーツ・・

403出店3 - コピー
あゆ塩焼きなど・・

404出店4 - コピー
冷しきゅうり、お弁当、サンドウィッチまで・・

405出店5 - コピー
信州えのきと鶏肉のパスタや美味だれコロッケなど

406出店6 - コピー
信州太郎ぽーく豚串、信州おやきみそぽーくまん、さらにドイツソーセージ

407出店7 - コピー
地元野菜などの漬物、美味だれ焼き鳥 などなど食べ物も充実していました。

501サックス - コピーa
会場もしだいに盛況となり、藤本三四朗さんのライブも始まりました。

ジャズを聴きながら美味しい地酒や食べ物をいただくのもいいですね。

さて、肝心の地酒の感想ですが・・もともとお酒に弱いうえに会場のとてもいい雰囲気にたちまち酔ってしまいました。

とてもいいイベントですので、ぜひ再度企画してほしいです。

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ