じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 高原のレストラン号&イルミネーション号(2)~しな鉄の旅~

高原のレストラン号&イルミネーション号(2)~しな鉄の旅~

皆様、Y林@地域政策課です。

 前回に引き続きです。さてメインに行く前に、なんといっても昔なつかしいポリ茶瓶入りのお茶です。上田電鉄の上田駅前にもありました(今は控え室になってしまいましたが)「おぎのや」さんで碓氷峠の釜飯と一緒に大学生時代によく買って飲みました。あまりのなつかしさで、2杯目を飲むべく家にお持ち帰りしました。
 さて、メインの小布施「鈴花」さんです。前回のワイン列車でもご当地産をふんだんに使っていたので、今回もご当地産目白押しで、残念ながら上小管内は今回なかったのですが、信州サーモンの柚庵焼き、小布施たまごのだし巻き玉子、佐久鯉のあられ揚げ、更埴干し杏密煮、松代産芋など、大変美味しかったです。
今度の企画は、是非上小産食材を使ってください。
 と、美味しく食しているうちに、車内では上田駅出発まで各号車で、鍵盤ハーモニカ演奏家によるクリスマスソングのミニコンサートが開催され、拍手喝采でした。さすがにこどもの演奏とはレベルが違いますね。
 完全に恒例行事となりつつあります上田駅での、しなの鉄道の上田駅長さんらによる真田幸村風甲冑姿でお出迎え、写真撮影会がありました(どうやら男前らしいです)。前回同様に、乗車されたお客様がしきりに記念撮影をされていました。
 さて、そんなこんなで、デザートのお菓子処「花岡」のくるみの醍醐味とくるみの初恋をいただきながら、軽井沢ミカドコーヒーのコーヒーを味わいました。東信地域といえばやはり「くるみ」、胡桃菓子といえば東御市の「花岡」ですね。
(次回は、浅間山ビューポイントと軽井沢イルミネーション+上田じまん焼きに続く)

LINEで送る

このブログのトップへ