北信州からごきげんよう 北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

北信州からごきげんよう

北信地域の現地機関からのお知らせとともに、千年風土の豊穣の地「信越自然郷」の魅力をお届けします。

長野県魅力発信ブログ > 北信州からごきげんよう > 北信地域振興局からのお知らせ > 地域発 元気づくり支援金の優良事例表彰式・事例発表・特別講演を行いました!

地域発 元気づくり支援金の優良事例表彰式・事例発表・特別講演を行いました!

こんにちは。企画振興課のメガネです。

今日は、12月5日に北信合庁で行われた、地域発 元気づくり支援金の優良事例表彰式の様子をお伝えします。

 

今回は、平成28年度に元気づくり支援金を活用した37事業の中から、知事表彰1事業、北信地域振興局長表彰3事業の計4事業を表彰しました。

記念撮影2

(受賞した団体の代表者の皆さんと記念撮影)

 

受賞したのは、次の団体(事業)です。

★☆知事表彰★☆

結文舎ワークスラボ(女性・若者の雇用促進及び就業支援、中野市の文化振興のためのシェアスペースの整備)

★☆北信地域振興局長表彰★☆

斑尾高原観光協会(誰でも楽しめるトレイルに!斑尾高原トレッキングユニバーサル化事業)

おもしろ夢倶楽部(ふるさとの歴史・文化遺産を未来に!伝承事業)

特定非営利活動法人地域創生研究所あつまれむらびと(あつまれむらびとプロジェクト)

 

表彰式に続いて、受賞団体の取組の事例発表会を行いました。

結文舎ワークスラボは、中野市の中心市街地にシェアスペースを整備し、そこを拠点に女性や子育て世代向けのイベントやワークショップを開催しました。高校生や中野市若者会議などとも交流するなど、様々な団体と繋がり、幅広く活動した点が評価されました。イベント開催日の商店街への来訪者は、なんと通常より最大20%増だったそうですよ!

 

斑尾高原観光協会は、外国人や足腰の弱い方、子どもなど誰でも斑尾のトレッキングを楽しめるようにと、道標やトレイルマップの英語表記化や遊歩道の整備のほか、グーグルストリートビューを活用してトレイルの360度画像をホームページに掲載するなど、トレイルの魅力を効果的に発信しました。車いすや自転車など、「歩く」以外の楽しみ方も検討しているそうですよ!今後に期待ですね!

 

おもしろ夢倶楽部は、山ノ内町在住の紙芝居作家である松田レイさん(なんと103歳!!)のこれまでの半生を記した紙芝居を作りました。松田さんの作る紙芝居は、地域の歴史や民話を題材にしたもので、過去の災害からの教訓や道徳観など、その地に暮らす人々の経験や知恵の積み重ねそのものです。100歳を超えてなお精力的に活動される松田さんの取組そのものが、お年寄りの励みになり、健康長寿のモデルといえますね。

 

NPO法人地域創生研究所あつまれむらびとは、人口減少で人材が不足する中、村内外のあらゆる分野の人材集団である「むらびと」が、地域の課題を解決するため、空き店舗を回収してみんなが集まれるサロンにしてみたり、ときには熊の爪の魔除けを作ってみたり、さらにはカブトムシを調査して売ってみたりと、ありとあらゆる活動をして地域を活性化させました。住みたい、帰りたい、楽しい地域にしたい、との熱い想いが伝わってきますね!

 

以上、各団体の取組の紹介でした。

その中から、おもしろ夢倶楽部の事例発表の様子を紹介したいと思います。

なんと、松田レイさんによる「生」紙芝居劇場です!!

演目は「座王神社と火つけ女」

 

「むか~~し、むかし…」

 

始まった途端に惹き込まれてしまいました。

松田さんの張りのある声で紡がれる物語は松田さんが伝え聞いてきた地域の歴史そのものです。

生の松田さんの紙芝居、感動いたしました。

紙芝居2 松田レイさん2

(写真左:紙芝居を演じる松田さん)     (写真右:カーテンコールに応じ、立ってお話される松田さん)

 

以上、事例発表の様子でした。

 

お次は、「特別講演」の様子です。

講師は、飯山市北原区にある「北原区ふるさと暮らし支援委員会」事務局長の出澤俊明さんです。

出澤さんは、飯山市の農林課長を務める傍ら、お住まいの北原区において、区民の先頭に立って地域づくりに取り組まれています。

このたび、「第1回 高谷好一(たかやよしかず)地域学賞」に論文を応募したところ、なんと優秀賞を受賞されました!

論文のテーマが「あしたを育てる地域活動の手法とは」とのことで、ぜひ、参加されるみなさんに生の取り組みを還元していただきたいと思い企画したところ、快くお引き受けいただきました。

出澤さん2

(写真:講演する出澤事務局長)

 

講演のなかで、なにか新しいことをやろうとすると、必ず「少し検討する時間がほしい」となり、「次の会議で再検討しよう」となり、結局「うやむやになりなにもできない」となる。原因は、不安や被害者意識からくるものだと分析し、解決のためには「すべての人が受益者になること」が重要だと話されていました。すべての人が「自分にとって利益になるんだ」と思えれば、新しいことでも承認したくなりますよね。とても印象に残り、勉強になる講演でした。

出澤さん、お忙しいところ本当にありがとうございました。

 

以上、当日は、表彰式、事例発表、特別講演と盛りだくさんの内容でした。

 

元気づくり支援金は、地域の元気を生み出す取組を応援する県の補助金です。

来年度(平成30年度)実施予定の元気づくり支援金の説明会を、平成29年12月20日(水)の13時30分から、県北信合同庁舎4階講堂にて行います。事前申込みは不要ですので、元気づくり支援金に興味のある方はぜひご参加ください。

今年は、説明会終了後に同会場にて個別相談会もやります!相談したい方!ご参加、お待ちしております!

以上、企画振興課のメガネでした☆

 

LINEで送る

このブログのトップへ