諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 子供たち > 【元気づくり支援金】下諏訪町「こども未来バス」の利用がスタート!

【元気づくり支援金】下諏訪町「こども未来バス」の利用がスタート!

企画振興課のJOJOです。
12月15日(日)から、下諏訪町「こども未来バス」の利用ができるようになりました。

でも、この「こども未来バス」、バスなのに走りません!動きません!
エ~!なにそれ~!どういうこと~!?

それでは「こども未来バス」とは何か、JOJOが説明いたします。
下諏訪町が所有していたバスが廃車になるため、子どもたちの交流や飲食ができるコミュニティスペースとして、バスを改修して下諏訪町立図書館前に設置されたのです。

そもそもこれは、昨年の秋に町内の中高生が「図書館の飲食できるスペースが狭いよ~」と「こども未来会議」(※)で意見し、町が廃車になるバスをリノベーションして活用することを提案したのが始まりです。

こども未来会議:下諏訪町内の中学生や高校生が、地域社会やまちづくりについて町に対して意見や提案をする会議

その後、町内の中高生有志による「こども未来バスプロジェクト」が立ち上がり、建物の改修や廃棄物の再利用について学んだり、デザインや内装を検討し、ペインティング作業を行うなどして取り組みを進めてきました。
そして、ついに12月15日(日)に完成お披露目会が開催されたのです!パチパチ~!

お披露目会には町長ほか多くの方がお祝いに駆けつけ、テープカットなどの式典が行われました。
プロジェクトメンバーの学生たちの挨拶では、「素晴らしいバスができたことを誇りに思う」「たくさんの人に使ってほしい」「繋がる場所になってほしい」「協力することの大切さを学んだ」などの感想が述べられていました。

それではバスを見てみましょう!
まず目を引くのは、車体側面に書かれた「Freedom(自由)」という大きな文字です。誰もが秩序を持ちつつ自由に使ってほしいという想いから書かれたようです。そして青い空が背景として描かれ、白い小鳥や鮮やかな花も描かれています。

反対側の側面と背面には、自然を表す緑色の下地に、唐草模様などが描かれています。
正面には平和を意味するハトと、鮮やかな花が描かれています。

入口にはバス停が建てられており、乗車マナーについて書かれています。
中に入ってみましょう。もともと設置されていた椅子のほとんどは撤去され、床材が張られてオシャレな椅子やテーブルが並んでいます。この椅子やテーブルは有志からの寄付を受けたものだそうです。

完成したバスはとてもステキですが、完成に至るまでの子どもたちが自ら提案して企画に参加し、実際に作り上げていくという経験。これもステキですね~。
プロジェクトの様子は、下諏訪町の広報「クローズアップしもすわ」で詳しく紹介されていますのでご覧ください。
http://www.town.shimosuwa.lg.jp/www/contents/1569471433924/simple/2019_10_P12-P19.pdf(5~6ページ目)

1 2

このブログのトップへ