南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 南信州の秋の花が勢ぞろい!飯田花卉組合品評会

南信州の秋の花が勢ぞろい!飯田花卉組合品評会

南信州農業改良普及センターのHです。

11月2日(金)に飯田花卉組合品評会が、翌3日(土)には出品花材の即売会が、下伊那農業高校体育館で行われました。

品評会は、審査長の南信州農業改良普及センター所長以下、県関係者と市場関係者の合計9名で審査。
品評会出品点数は140点と、昨年を20点以上下回りました。9月の悪天候が影響しボリューム不足や茎が細い傾向が影響したと思われます。
しかし、厳選し出品された花はいずれも素晴らしく、審査員を悩ませました。

↑ 合議制による比較審査で、賞を決定

↑ 花木も含め、多岐に渡る切り花や鉢花を合わせて審査するので、難しい比較審査が要求されます。

厳正な審査の結果、最優秀賞の長野県知事賞には、飯田市の平田裕和さんのシクラメン(パステルピンク)が選ばれました。
この品種は長く栽培されている品種で、どなたも一度は目にされたことがあると思います。受賞したシクラメンはよく作りこまれており、病害虫の発生や花の痛みがないことはもちろんですが、特に花色がよく、草姿に優れ、ボリュームもあり、よく揃っていることが評価されました。

↑ 早々に「売約済み」の札が付きました。

今回、受賞された皆さんは、以下の通りです。おめでとうございます。(敬称は省略させていただきました)

↑ 最優秀賞を受賞され、賞状を受け取る平田さん。おめでとうございます。

↑ 入賞された花材です。

さらに翌日は、出品された花を中心に、即売会が行われました。
この日は、下伊那農業高校の稲丘祭でもあり、体育館では新鮮な農産物や加工品も販売され、とても賑わいました。9時半の開場と同時に体育館内には長い列ができました。
※稲丘祭の一部として、下伊那農業高校の農産物・加工品と同会場で、飯田花卉貴組合の花も販売させていただいております。

会場は大変な賑わいで、飯田花卉組合の花の売れ行きも好調で、ほとんど完売しました。

1 2

このブログのトップへ