南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 南信州”農業資産魅力発信事業”~看板設置編~

南信州”農業資産魅力発信事業”~看板設置編~

農地整備課のTッキーです。

10月30日に当ブログに掲載しました南信州”農業資産魅力発信事業”~竹林伐採編~(https://blog.nagano-ken.jp/shimoina/g_news/26130.html)に続き、今回は、看板設置編です。

南信州管内の農業資産の一つに、”竜西一貫水路”があります。この水路は松川町、高森町、飯田市の約700haの農地に水を供給しており、全長24kmのうち8割以上が地中を流れ、地表に現れているのは、わずか4kmです。

その地表に現れている4kmのうち飯田市松尾代田にある「毛賀沢水路橋」(松尾城址と鈴岡城址の間を流れる一級河川毛賀沢川を跨ぐ水路橋)は、県が紹介する「信州の農業資産を巡る旅」モデルコースの一つです。

この度、毛賀沢水路橋の建設当時の写真などを掲載した看板を制作し、職員自ら現地に設置してきました。

 

 

     着工前の様子       掘削作業(商工観光課の皆さんも一緒です)

 

 

     掘削作業完了!          深さは大丈夫かな・・・

 

 

  基礎の砂利を敷いています     その上に基礎ブロックを設置

 

   

     看板組み立て             モルタル練り

 

 

モルタルで固定して、土で埋め戻します      看板設置完了!!

 

 

  今回の直営施工参加者です       案内看板と毛賀沢水路

 

看板には、建設当時(昭和38年)の貴重な写真も掲載。

毛賀沢水路橋の上は、松尾城址と鈴岡城址を結ぶ遊歩道ですので、両史跡へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

1 2

このブログのトップへ