南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州のイベント > 飯田市美術博物館で「南アルプス」の企画展が開催されています!! 7/15(土)~12/24(日)

飯田市美術博物館で「南アルプス」の企画展が開催されています!! 7/15(土)~12/24(日)

農地整備課の中年Yです。
「山の日」の8月11日(金・祝)と12日(土)、飯田市美術博物館に行ってきました!!
8月11日(金・祝)は、「山の日」にちなんで、「空木岳へ登ろう!」という題目のプラネタリウムの特別投影があり、村松学芸員の解説で中央アルプス空木岳への登山をドームで体感しました。残雪期の5月の様子と緑が美しい夏の様子を交互に比較しながらの投影で季節の違いによる山の魅力が再現されていました。同様の投影は昨年から「山の日」に実施されているということですので、興味のある方は、是非、来年行ってみてください!!(※ドーム内は撮影ができないため、文字でしかお伝えできません。)
翌12日(土)は、生き物いっぱい企画展「世界最南端のライチョウがすむ南アルプス」展示説明会に行ってきました。こちらは、7月15日~12月24日の間(※休館日がありますのでご留意ください)開催されている企画展の説明会で、四方学芸員から約1時間解説があり、南アルプスに対する理解を深めることができました。

DSCN7197.cleaned DSCN7173.cleaned

【企画展チラシ】             【四方(しかた)学芸員による解説】

飯田市は世界最南端のライチョウの生息地ということで、登山していても滅多に会えませんが、雛が成長した8~9月は個体数も増え、群れで行動することが多いため、最も会いやすいということでした。

DSCN7179.cleaned DSCN7193.cleaned

【ライチョウのコーナー】      【本物と見間違えるほどの出来栄えの木彫りのライチョウ】

今後も、企画展に関する講座やイベント等が12月までありますので、登山が趣味の方はもちろん、登山は苦手でも山に興味のある方は是非足を運んでみてください。
県鳥にも指定されているライチョウについても詳しく知ることができますし、可憐な高山植物のパネルや高山帯でくらす昆虫の最近の調査結果など、きっと新たな発見ができると思います。

DSCN7175.cleaned DSCN7185.cleaned

【展示室に入ると床には亀甲状土のパネル】      【色とりどりの高山植物の写真】
また、企画展入口にはライチョウのぬいぐるみと一緒に写真を撮るコーナーもあり、この日は子供連れの方が雄大な聖岳のパネルをバックに、楽しそうにシャッターを切っていました!!

一緒に撮ろう.cleaned 記念写真.cleaned

【撮影コーナー】              【雄大な聖岳のパネルをバックに(イメージ)】
なお、夏休み期間中(8月31日まで)は、企画展は小中学生が無料となっていますので、ご家族で行かれる方はこの機会をお見逃しなく!!
詳しくは、飯田市美術博物館ホームページをご覧ください。

http://www.iida-museum.org/

このブログのトップへ