南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > しあわせ信州移動知事室(南信州地域)          ~県政ランチミーティング~inよこね田んぼ

しあわせ信州移動知事室(南信州地域)          ~県政ランチミーティング~inよこね田んぼ

10月24日から25日まで「しあわせ信州移動知事室(南信州地域)」が開催されました。

25日は、飯田市千代のよこね田んぼ保全委員会の皆様と『よこね田んぼ保全活動を通じた中山間地域の活性化と、棚田に集う人々との交流について』をテーマにランチミーティングを行いました。

川手委員長を始めとする、よこね田んぼ保全委員会では、農村の原風景を残す棚田の保全活動を通じて地元の子供たちや都市住民との交流を深め、地域の活性化を目指した取り組みを進めています。

〈知事に活動内容を報告する川手委員長)

ランチは、地元で農家民宿を営む太田さんの手作り。
地元で採れた野菜や果物をふんだんに使用した上に、幻の千代幻豚と伝統野菜の千代ネギを使ったアツアツの豚汁は皆さんに大好評でした。

知事からは、保全委員会の活動に対して「棚田の保全や、伝統野菜である千代ネギの栽培に、子供たちを巻き込んでやっていることは素晴らしい」との感想がありました。

 

〈保全委員会の皆様の発言に耳を傾ける知事〉

保全委員会の皆さんの「山林や田んぼなど豊かな自然を生かした地域おこしが必要だと考えている。」との発言に対し、

知事からは、「棚田と里山はもともとセットのもの、里山も薪を作れば資源になる。地元産米の日本酒造りにも取り組んでいる。そうしたものをパッケージにすることで、自立した地域活動につながっていくのではないか」とのコメント。

最後に保全委員会の皆さんからは、「保全委員会をNPO法人とすることで、従来個々で取り組んだ活動を一体的なものとして発展させていきたい」との発言がありました。

 

今後も、千代地域が進めている中山間地域の活性化に向けた取り組みを引き続き支援してまいります。

 

移動知事室の日程等はこちら↓をご覧ください。

南信州地域振興局のホームページ

1 2

このブログのトップへ