南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 南信州移住・Uターン大相談会in東京で南信州をPR!!

南信州移住・Uターン大相談会in東京で南信州をPR!!

こんにちは。企画振興課のMです。

今日は移住・Uターンのおはなしです。

長野県は、宝島社発行の『田舎暮らしの本』(2019年2月号)2019年版「移住したい都道府県」ランキングで第1位となったことをご存知ですか? 実は平成18年(2006年)以降、13年連続1位なんです。(パチパチ) (リンク:楽園信州・移住推進室)

併せて、2019年版「住みたい田舎ベストランキングでは、飯田市が人口10万人以上の総合部門で県内最高の6位に入賞!!(パチパチ) (リンク:47NEWS)

年明けからおめでたい!南信州に住む者としてはうれしい限りです。

移住先として熱い注目を集める長野県、そして南信州。

そんなホットな南信州ですが、市町村や関係機関の皆様にもご協力をいただき、1月12日(土)に東京交通会館で「南信州移住・Uターン大相談会in東京」(主催:南信州地域振興局、南信州広域連合)を開催しました。

JR有楽町駅のすぐ隣にある東京交通会館は、建物のなかに「ふるさと回帰支援センター」が入っていて、首都圏で移住を希望する多くの方が訪れる場所。

当日は東京都心で初雪が観測される厳しい寒さの中でしたが、ふたを開けてみれば会場は熱気ムンムン。38組50名のお客様がお見えになりました。(ありがとうございました。)

 

今回は、暮らし、住まい、仕事の大相談会と題して、様々な企画を用意。

(1)市町村担当者自らが地域の魅力をプレゼンテーション

(2)天龍村移住2年目。村で結婚し、パパになった20代男性が本音トーク。

(3)飯伊不動産組合講師が、家づくり、家探しをアドバイスする移住と住まいのセミナー

(4)社会福祉協議会による「介護のお仕事」紹介など

以上4本のコンテンツを柱に据え、関係機関の皆様のご協力により、暮らし、住まい、仕事の相談スタッフを増員して対応しました。

(掲載:イーキュア株式会社による就職相談)

「“南信州のなかで”どの地域を選べばよいのか。」、「“南信州のなかで”どんな仕事があるのか。」

難しい問題だと思いますし、一人で情報収集するには限界もあると思います。

また、リニア開業を見越して駅予定地のそばが良いのか、自然豊かなところが良いのか、悩ましいところではないでしょうか。南信州の面積は大阪府や香川県より広く、エリア、市町村によって生活環境、主要産業は違います。

熱心な方はおひとりで相談ブースをハシゴして、5時間近く相談されていました。ぜひこうした相談会を利用して、南信州のスタッフから生きた情報を入手していただき、移住をご検討いただければと思います。

南信州地域振興局はこれからも、関係機関と連携し、移住・Uターンを検討される皆様のお手伝いをさせていただきます。

1 2

このブログのトップへ