南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 福を呼ぶ巨大獅子舞の共演! 第7回南信州獅子舞フェスティバル

福を呼ぶ巨大獅子舞の共演! 第7回南信州獅子舞フェスティバル

こんにちは!商工観光課です。

日本の祝事や祭りには欠かせない縁起物の”獅子舞”  南信州地域はその獅子舞の宝庫です!

10月19日(日)飯田市の中心市街地で、「第7回南信州獅子舞フェスティバル」が開催されました。

 (22団体の獅子舞 2団体の太鼓演奏 計 24団体の共演! 観客3万人の賑わい(主催者公表))

「皆様の無病息災  天地平穏  五穀豊穣   商売繁盛 を祈願して」 (アナウンスの言葉より)

 その様子を一部ご紹介させていただきます。

獅子27

加々須獅子保存会(喬木村)  迫力の舞い!

獅子1

 昨年は残念ながら雨天で中止でした。 快晴の下、二年越しの思いのこもる舞いに期待です!

獅子37

 今回から注目の登場!初代「獅子ガール」 小林 杏里さん 美穂さん姉妹(中平獅子舞保存会) 

獅子2         獅子3

 一色獅子舞保存会                   お囃子と踊りで盛り上げます

南信州の獅子舞の特色は、「屋台獅子」や「籠(かご)獅子」と呼ばれる、このような大型の獅子の存在です。

屋台獅子は、獅子頭の後ろに幌(ほろ)の幕でおおった車輪付きの囃子屋台を合体させた形態で、屋台の中で

お囃子方が演奏をして練り歩きます。籠獅子はドーム型の竹籠を担いで廻るものです。

「屋台獅子」の源流は、大変有名な高森町の「大島山瑠璃寺の獅子舞」と言われています(獅子が大型化したのは、

二百年くらい前から)。この一色地区の獅子舞は、その系譜を継いで、宇天王等の曳き手が獅子を華麗に御しながら

練り歩く、舞楽系の屋台獅子です。

1 2 3 4 5

このブログのトップへ